株式の買い時を考察する!今買うべき?買い時を待つべき?

投資戦略

はじめに

株式市場に資産を配分することは、怖いかもしれません。
株価が将来どのように動くかは誰も知る由もありません。
では、購入するのに良い時期かどうか、どのように評価しますか?
単に幅広い株式市場のインデックスファンドを購入しようとしているなら、タイミングを厳密に考える必要なないかもしれません。
あなたが個別株の投資家であるとしても、通常、あなたのお金を投資する良い機会がいくつかあります。

※今回の情報ソースはこちらの記事です。

今この時は株を買う良い時期ですか?

5年、10年、または40年先の将来に投資することを検討している場合は、今この時が株式を購入するのにこれまでになく良い時期です。
40年間で投資額が10倍以上に増えたとき、今日の購入価格の10%の違いはどのくらいありますか?

さらに、長期にわたって一貫して投資する場合、修正や株式市場の暴落に遭遇することがあります。
買付余力があれば、これらは通常よりもさらに投資する機会です。
とはいえ、予測不可能なことを計画することは特に現実的ではありません。
皆が将来を予測できないからこそ暴落は起きるのです。

株式を分析したい場合、全体的な市場評価が高くなると、良い購入機会を見つけるのが難しくなる可能性があります。
基礎となるファンダメンタルズに比べて割安な株式は少なくなります。
他の市場で過小評価されていると判断した証券を見つけたら、投資するのに常に良い時期です。

ウォーレン・バフェットはかつて、「私は市場を予測しようとはしていません。私の努力は過小評価されている証券を見つけることに専念しています」と述べました。
彼にとって、市場が何をしているのかは問題ではありません。

良い値段の株があれば、買う価値があります。
短期的には落ち込んだとしても、長期的な利益を生み出すために行った調査を信頼してください。しかし、会社の経営状況を完全に無視しないでください。あなたの投資戦略がまだ有効であることを一貫して確認してください。

強気市場のピーク近くで長期的な成長の可能性が高い株を購入することは、死刑判決にはほど遠いです。
成長株は、修正やクラッシュの中で価格が大幅に下落する傾向がありますが、これらの期間は更なる成長を見込んだ仕込み期間となります。
株式市場を揺るがす経済的出来事は、企業が更なる成長をする機会にもなります。
したがって、株価が下落したとしても、さらに強くなる可能性があります。

一部の投資家は、より多くの損失を被ると考え、価格のわずかな下落に恐れを抱くかもしれません。
実際の所、株を保有し続けていれば、損失を取り戻せる可能性の方が遥かに高くいです。
株式市場の調整は常に行われています。平均して隔年に1回程度です。
一時的に割引されている間は株を買う絶好の機会になり得ます。

株式を売買するのに最適な時間

通常の取引日には、株式市場は米国東部標準時午前9時30分から午後4時まで開いています。
長期的に株式を売買することを計画している投資家にとって、売買する時間帯に大きな影響はありません。

デイトレーダーはボラティリティを好むため、1日を通して価格変動を利用できます。
そのため、株式を売買するのに最適な時間帯は、午前9時30分から10時30分、または午後3時から4時の間です。取引の最初と最後の時間は、1日の真ん中よりもはるかに多くのアクションが見られます。

デイトレードと投資は2つの大きく異なるものであることを知っておくことが重要です。
投資とは、会社の株式を購入することです。会社の業績が予想よりも優れている場合、投資家は自社株の大幅な上昇で報われます。

デイトレードとは、株式を代表する会社の基本的なファンダメンタルズに関係なく、株式を短い期間で売買することです。
どちらも利益を生む可能性がありますが、利益を生むデイトレーダーになることは非常に困難で、良い投資家になる方がはるかに簡単です。

株式を売買するのに最適な曜日

週末に大量の悪いニュースが蓄積された後、月曜日に株式市場が最も下落するという事例証拠があります。
また、月曜日に仕事に戻ることに人々が不満を抱き、悲観的な株式市場につながる可能性もあります。

しかし、月曜日の効果または週末の効果は、それが知られているように、過去45年間で存在しなくなっています。
アリゾナ州立大学の研究者による調査によると、月曜日の株式市場のパフォーマンスは、1975年以降の他の曜日のパフォーマンスと大きな違いはありません。

これは、株を売買するのに最適な日もないということです。
人々は月曜日の確率的な悪い日を避けるために金曜日に売ることを提案していましたが、その戦略は今日の市場では意味がありません。

株式を売買するのに最適な月

株式を売買するのに最適な月についての理論と格言は多くあります。

「5月に売って、立ち去れ」というフレーズを聞いたことがあるかもしれません。
あるいは、「サンタクロースラリー」について聞いたことがあるかもしれません。
今年の初めに特定の市場セグメントのアウトパフォーマンスを記録する1月の効果もあります。

投資家は通常、税務計画の一環として、年末に一部の株式を売却します。
彼らは、税務上意味がある場合、損失を固定するか、キャピタルゲインを取得したいと考えています。
これは、12月末または1月初旬に投資家に機会をもたらし、1月の影響につながる可能性があります。

しかし、投資するために5月から12月末まで現金を保持することは意味がありません。
多くの場合、市場に参入する機会を待っているだけで現金に座っていると、株式市場の利益を逃してしまいます。

株式の購入タイミングにこだわるべきではない

歴史上最高の投資家の中には、市場のタイミングに関心がなかった人もいます。
ウォーレンバフェットとピーターリンチは、キャリアを通じて市場のタイミングにこだわることを避けてきました。
彼らがそれをすることを勧めないのなら、あなたが彼らを裏切ることができるとあなたが思う理由は何ですか?

リンチは「修正自体による損失よりも、修正の準備をしている、または修正を予測しようとしている投資家によってはるかに多くのお金が失われている」。

いくつかの統計を見るだけで、市場の時間を計ろうとすることが大きなリスクである理由がわかるはずです。
今世紀の初めにすべてのお金をS&P 500インデックスファンドに投資した場合、その後の20年間で年間平均約6%のリターンが得られました。
その期間に、ドットコムバブルと大不況が含まれいたとしてもです。

あなたが投資するときはいつでも心に留めておくべき重要な要素

しっかりとした投資計画を立てること

何に投資していますか?
あなたの時間範囲は何ですか?
これは1回限りの投資ですか、それとも定期的に追加し続ける予定ですか?
これらの質問に答えることはあなたがあなたのお金をどのように投資するかを決定するのを助けることができます。

長期的なスパンで投資を考えること

今日の株価の短期的な下落は、長期的なリターンに大きな影響を与えることはありません。
また、買い時を狙って現金比率を高めに維持するのではなく、ドルコスト平均法で定期的に株式を購入する場合は、市場のタイミングを計るよりもうまくいく可能性が高くなります。
ボラティリティを理解してください。市場価値は毎日上下します。
成長株などの一部の株は、バリュー株などの他の株よりも変動が大きくなります。
トラブルの兆候がある瞬間に沈む成長株は、すべての人に適しているわけではありません。
あなたのリスク許容度に見合う株式を選択してください。

投資先は分散させること

市場セクター全体に投資することで、特定の業界にのみ影響を与える市場の力を緩和することができます。
また、株式市場セクター全体を調査することで、あらゆるタイプの市場でより多くの投資機会を見つけることができます。
自分の判断が間違っている可能性があることも想定してください。
あなたが個人の株式投資家であるならば、あなたは毎回勝者を選べるとは限りません。
これが、投資を複数の企業やセクターに分散させることが重要であるもう1つの理由です。
それから、あなたの投資戦略が間違っていることが判明した場合、それはあなたのお金を売って他の場所で働くために使う時です。

株の買い時より遥かに難しいのは株の売り時です

利益が出たから株を売るのか?損失が発生したから株を売るのか?
株の買い時よりも、株の売り時を考える方が遥かに難しく、あなたの心理状況に深く依存します。
あなたが間違った売りの判断をしないように、確固とした戦略を立てる必要があります。
下記の記事では株式の売り時の考え方に関するアイデアを提供しているので、併せてお読みいただければ、さらなる利幅獲得のチャンスを逃したり、大損することを避けられるかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました