【圧倒的成長力】「Tesla(テスラ)のビジネスモデルの強み・弱み、将来性」:SWOT分析で分かりやすくまとめました

米国株投資

企業概要

Tesla Inc.(テスラ)は、かつて、シリコンバレーで企業したアメリカのスタートアップ企業の1つに過ぎませんでした。
テスラは、当時非常に成功した発明家であり科学者であったニコラ・テスラにちなんで名付けられました。
ニコラ・テスラは無線技術と電気工学で目覚ましい業績を上げました。

かつてはテスラモーターズであったテスラは、自動車およびエネルギーソリューション企業として成功の頂点に達しています。
世界的に優位に立っていることから、市場における革新的なアプローチで有名です。

テスラは、ビジネス愛好家の間で最も議論され分析されている企業の1つとして浮上しています。

それでは、世界の自動車市場における信じられないほどの競争力に影響を与える要因を掘り下げて調べてみましょう。

情報ソースはこちらです。

Strength:強み(内部要因)

優秀な人材が集まる環境

ウォールストリートジャーナルは、テスラの多様性と革新を奨励する文化は従業員にとって理想的な会社だと評しています。

最近では、仕事をするのに理想的な場所の1つとして挙げられており、才能とエネルギーを持った若い求職者を魅了しています。
同社は、フォーブスの「アメリカのベストエンプロイヤー2019」にも取り上げられました。

自動車業界のリーディングカンパニー的位置づけ

様々な問題に直面しながらも、2020年のには367,500台の車両を提供しています。
販売台数はそのものは、既存の自動車メーカーには及びませんが、その成長率は比類のないものです。

Infographic: Tesla Sets New Annual Delivery Record By Third Quarter | Statista
引用:Statista

革新と贅沢の比類のない進歩のおかげで、同社はメルセデスやBMWのようないくつかの非常に高級な自動車ブランドすらも追随を許しません。

クラス最高の電気自動車を提供

テスラは、電気自動車の競争で他のすべてのブランドを置き去りにしました。
航続可能距離で比較すると、テスラの電気自動車が最大距離をカバーするのに最適であることが証明されています。
最近の比較では、テスラが範囲の点で上位3位を占めていることが示されています。 テスラモデルSは、1回のバッテリー充電で最大600kmの走行距離を実現します。

Infographic: The Electric Cars That Will Get You the Furthest | Statista
引用:Statista

米国の電気自動車販売の独占的シェア

Statistaによると、テスラモデル3は2019年に最も販売された電気自動車であり、販売台数は187,971台です。
2番目の位置には、155,477台の車が販売されたシボレーボルトが立っています。
テスラモデルSが再び3位になり、134,392台の自動車が販売されました。
要するに、テスラは電気自動車の販売チャートを上回っています。

Infographic: Tesla Is Dominating U.S. Electric Vehicle Sales | Statista
引用:Statista

企業の革新性

テスラのイノベーション力は非常に高いです(世界初の完全電動セミトラックと新しいスポーツカーの最近の開発を忘れないでください)。
したがって、市場は会社が競争力のある収益性の高い製品を開発することを信頼しており、それはもちろん実質的な経済的利益につながります。

Weakness:弱み(内部要因 )

製造時のトラブルが多い

イノベーションの水準が高いほど、機械的な複雑さと生産リスク要因が大きくなります。
テスラは、新車を発売する間、継続的な発売、製造の遅延に直面しています。

たとえば、テスラはモデルXを発売しようとしたときに、製造上の際限のない課題に直面しました。
これにより、流通が絶えず遅れることになりました。
同様に、同社はギガファクトリーでモデルXのバッテリーモジュール組立ラインを製造しているときに、非常に大きな問題に直面しました。

需要に供給が追い付かないことによるブランド棄損

高度な実験と複雑な手順により、テスラは需要と供給のバランスが崩れ、顧客の要求を満たすことができない場合があります。
実際、2019年の第1四半期の納車率は非常に憂慮すべきものです。
同社は2019年の第1四半期に63,000台の自動車を納入しました。これは、2018年の第4四半期から31%減少しています。

バッテリー不足リスク

毎年恒例の株主総会で、CEOのElon Muskは、バッテリーの供給が限られているために生産率が低下していることを認めました。
この不足は、電気自動車やエネルギー貯蔵システムの販売に直接影響を及ぼしました。

イーロン・マスクへの依存度の高さ

テスラは、会社が「ワンマンショー」であることを認めています。
悲しいことに、イーロン・マスクは、自動車以外の事業にも力を入れる必要があり、自動車業界における存在感が低下した時、テスラのブランド価値も低下する恐れがあります。

Opportunity: 商機 (外部要因)

アジア市場における販売拡大

現在の同社にとって最も重要な商機はアジア市場であり、自動車および再生可能エネルギー市場の分野では依然として開拓余地があります。
特に、テスラが金融の安定性と市場での存在感を高めるためにグローバル市場を拡大することがプラスになります。

安価な価格帯の自動車市場

テスラは、革新への型破りな依存のために高価であり、最大限の財政的支援を必要とします。
テスラはモデル3を発売しましたが、これは、モデルSのより手頃なバージョンであり、航続距離、出力、機能が縮小されています。
ただし、テスラが大衆車市場の規模を拡大する絶好の機会です。

バッテリー製造技術の内製化

テスラは独自のバッテリーセルを作るつもりです。
この動きは、会社が製造コストを削減しながら製造率を上げるのに役立つため、大きな変革をもたらす可能性があります。
現在、パナソニックはバッテリーの主要サプライヤーです。

ピックアップトラックの導入

National Automobile Dealer Associationの市場シェアデータによると、ピックアップトラックは米国の自動車市場の17.6%を占めており、電気自動車の成長の大きなチャンスがあります。

Infographic: Why Tesla's Cybertruck Makes Sense | Statista
引用:Statista

Threats:脅威(外部要因)

製品責任賠償要求

テスラは多くの自動運転車を発売しましたが、事故が発生した場合の対処にすべてが成功したわけではありません。
同社は、自社製品の技術の失敗に関連する訴訟や請求に直面しています。
これらの賠償請求が続く場合、テスラはより大きな財政的挫折にさらされる可能性があります。

激しい競争環境

Teslaは、代替燃料車(ハイブリッド、プラグインハイブリッド、完全電気自動車)と自動運転技術の両方で激しい競争に直面しています。
メルセデス、BMW、アウディ、レクサスなどの高級車セグメントや、トヨタ、フォード、ボルボ、ゼネラルモーターズなどの大衆車部門の多くの自動車ブランドは、激しい競争に備えています。
多くのブランドは、自動運転技術を装備した環境に良い車を発売する予定であるだけでなく、比較的低価格で提供する見込みです。
テスラのように、非常に高価で多くの人にとって手が届かない革新的な車の独自の価値で繁栄している企業にとって、これは間違いなく脅威です。

長期に渡る持続可能性の保証

どの企業にとっても、長期的な持続可能性の保証は、公共のイメージと企業の士気を維持するために不可欠です。
テスラは、その不安定な製造条件のために、その長期的な存在について一般の人々からの不信感に苦しんでおり、それはさらなる事業開発の欠陥につながる可能性があります。

自動運転に対する不信感

YouGovの調査によると、米国の成人は自動運転車を歩き回るのは依然として危険だと感じています。特に、55歳以上の人は自動運転車の周りにいることを最も恐れています。

引用:Statista

材料不足による供給の途絶

テスラは、価格の上昇により、製造材料の供給が大幅に停止する可能性があります。
同社は、アルミニウム、鋼、リチウム、ニッケル、銅、コバルトのほか、サプライヤーのリチウムイオン電池を使用しています。
これらの材料はすべて価格が変動するため、将来的には会社の生産ラインに深刻な影響を与える可能性があります。

リチウムイオン電池の使用による安全性の欠陥

テスラは、バッテリーパックにリチウムイオン電池を使用しています。
チウムは反応性と爆発性の高い元素であり、製品の危険性を高めます。
テスラは、消費者の車が発火し、煙を吐き出したいくつかの訴訟に直面しました。
それは会社の名誉を大きく毀損しました。

自動運転に関する適切な規制の欠如

米国を含む多くの国では自動運転に関する適切な規制がないため、テスラの販売は多くの地域での自動運転制限の影響を受けます。
法的な複雑さというこの紛らわしい状況は、テスラの自動運転プロジェクトの将来についての不確実性を高めます。

イーロンマスクの予測不能な行動

テスラの評判全体は、イーロン・マスクの革命的な個性に基づいています。
彼の奇妙な行動と衝動的な反応は、象徴的で革新的なブランドとしてのテスラの価値に影響を与えています。
ジョー・ローガンのポッドキャストでの彼のマリファナ喫煙事件は、不適切であるという論争を引き起こしました。
その後、先見の明のある天才である男性からのこの説明のつかない行動によって、テスラの株価は9%近く下落しました。

結論

以上、テスラのSWOT分析でした。
テスラは、市場シェアと財務の安定性を高めるために、積極的な行動を取る必要があります。
ただし、今回紹介したマイナスの要因にもかかわらず、会社が進歩と革新の究極のシンボルであることは間違いありません。

その他の企業の分析内容はこちら↓↓↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました