「インフレは一過性、押し目買いの好機-ゴールドマンとJPモルガン」:高橋ダンさん経済・投資解説の復習~

米国株投資

はじめに

このページでは私が投資判断の参考にさせていただいている方の一人である、高橋ダンさんの動画の解説内容のポイントをまとめたページです。
この記事の目的としては、いつもダンさんの動画を見て学んだことの備忘録です。
いつも動画を見た時は、「なるほどー!」と思うのですが、その後すぐに忘れてしまうので(笑)
同じような方にもお役に立てばと思いブログに書かせていただきました♪
また、最新の週については、毎日更新すると思いますので、度々訪問いただけたら嬉しいです!

高橋ダンさんについてご存知ない方は、公式YouTubeページをご覧ください。

高橋ダン
■ Dan Takahashi ・納豆 +ドラゴンボール + 日本= 大好き❤️ ・ウォール街ファンドマネージャー ・コーネル大学を3年間で卒業 ・26歳でヘッジファンド立ち上げ、30歳で売却 東京生まれ、日本国籍のハーフ。6ヵ国に住み、62国を旅する。150~200万人の毎月視聴者、Youtube始めて1年ちょ...

ゴールドマンサックス、JPモルガン「株の買い」がお勧め

ソースはこちらの動画

現状把握

  • NYダウが昨晩600ポイント以上下落。
  • ゴールドマンサックスやJPモルガンは現在の株価の下落は一時的であると説明。
  • これまで上昇を続けていた相場が5%ほど調整しただけ。
  • ドイツ銀行の調査では、ここから更に5%ほど調整すると持っている人は50%いると発表。
  • 米株価指数のそれぞれのMACDは上昇トレンド入りしている。
  • 過去数回のMACDのトレンド判断は当たっている。
  • VIXの指数も下落している。
  • ダンさんの意見では、ゴールドマンサックスやJPモルガンの意見は概ね合っているのではないかという考え。
  • テーパリングや利上げは相場に織り込まれているはずなので、これらの要因で更に売りが入ることはないのではないか。
  • ダンさんの経験では相場が上昇を続けている時に、5%以上の大きな下落にはなりにくい。

これを踏まえてどう行動する?

  • 長期投資では、まだキャッシュポジションを維持する。
  • テーパリングが開始するところまではキャッシュポジションを維持したい。
  • 短期投資では、買いに向かってもいいかもしれない。
  • ラッセルが今最も過少評価気味。
  • ダウを買って、ナスダックを売るのを継続するのがいいかもしれない。比率としてはダウ:ナスダック=2:1くらいがおススメ。

補足情報

情報元のBloomberg関連記事

インフレは一過性、押し目買いの好機-ゴールドマンとJPモルガン

  • ゴールドマン・サックス「短期的な不透明感はあるものの、投資家が現在のインフレペースは一過性との確信を強め、株式相場は上昇を続けるだろう」
  • JPモルガン「スタグフレーション不安は弱まり始めるとみている」
  • ドイツ銀行「マーケットの専門家を対象に実施した調査によれば、回答者の過半数は年末までさらに5%以上の株安を予想している」
  • ゴールドマンサックス「この押し目は買いの好機になると確信する。これまでにも5%下落はたいてい好機だった」
  • JPモルガン「5%を超える下落は330日間起きず、ようやくある程度の下げが見られた。しかしこれが続くとは予想していない。押し目買いを助言している」

ダウ平均(USドル)値動き

ナスダック値動き

VIX指数

高橋ダンさんの著書

コメント

タイトルとURLをコピーしました