「21年10月7日の世界のニュース」、「世界同時株高の理由」、「日本株の暴落、やっと買う時か?」:高橋ダンさん経済・投資解説要旨~21年10月7日編~

米国株投資

はじめに

このページでは私が投資判断の参考にさせていただいている方の一人である、高橋ダンさんの動画の解説内容のポイントと参考となる追加情報をまとめたページです。
この記事の目的としては、いつもダンさんの動画を見て学んだことの備忘録です。
いつも動画を見た時は、「なるほどー!」と思うのですが、その後すぐに忘れてしまうので(笑)
同じような方にもお役に立てばと思いブログに書かせていただきました♪
また、最新の週については、毎日更新すると思いますので、度々訪問いただけたら嬉しいです!

高橋ダンさんについてご存知ない方は、公式YouTubeページをご覧ください。

高橋ダン
■ Dan Takahashi ・納豆 +ドラゴンボール + 日本= 大好き❤️ ・ウォール街ファンドマネージャー ・コーネル大学を3年間で卒業 ・26歳でヘッジファンド立ち上げ、30歳で売却 東京生まれ、日本国籍のハーフ。6ヵ国に住み、62国を旅する。150~200万人の毎月視聴者、Youtube始めて1年ちょ...

21年10月7日の世界のニュース

ソースはこちらの動画

米国関連

  • 米国は反発したので、他の市場も反発するはず
  • 債務上限問題の引き上げについて、解決の見通しができたことが上昇要因
  • キャシー・ウッドが任天堂の株をほとんど売っているとの情報あり。

日本関連

  • 衆院選開票の1週間前に参院選の補選が行われるため、前哨戦として注目。
  • 日銀黒田総裁は消費者物価指数を成長していると言っているが、エネルギー価格が上がっているだけ
  • 日本はこの数か月くらいで資金流入の強い傾向が続いている。ワクチン供給が始まったのが大きい。
  • 海運株が売られ過ぎ状態から、回復しているように見えるが、まだ手を出すのは早い

欧州関連

  • 欧州も目標経済成長率を達成できないため、EU中銀は資産購入プログラムを継続する見込み。
  • ポーランドが9年ぶりの利上げを決定。インフレ高進に緊急で対応。サプライズ。

コモディティ、仮想通貨

  • ビットコインが上昇しているのは、今月中に米国市場でビットコインETFの取り扱いを始まる見込みがあるから
  • ただし、ビットコインは過剰評価気味なので、今買うならアルトコインの方がいい
  • ロシアがエネルギー市場の安定化のために、天然ガスの供給を増やすことを発表
  • 天然ガスの価格が急降下しているが、今後の動きについては下がり続けるかは不明
  • ただし、空売りを入れるタイミングとしてはいいのでは?
  • リチウム価格が暴騰している。バッテリーに使用する材料。

世界同時株高の理由

ソースはこちらの動画

  • 世界的に株価が上昇している。特にハンセン香港指数が約3%も上昇。
  • 米国の指数は6日の夜くらいから、リスクオンムードが強まり、株価が上がってきている。
  • 米国が債務上限を短期的に延長することを発表したことを市場が好感した結果。
  • 共和党は12月までの引き上げ案を提案している。
  • こういったニュースは毎日流れが変わるため、注意は必要だが、ポジティブなニュースと受け取れる。
  • 10年国債金利が急上昇してきたが、下落し始めている。NASDAQは特に恩恵。
  • ロシアが天然ガス供給増加の発表により、エネルギー不足問題が緩和したことも好感。
  • 香港は不動産関連やハイテク関連の銘柄の上昇影響が多きい

これを踏まえてどうする?

  • リスクオンムードで株価上昇が続きそう。
  • 原油は今後下落しそうなので、空売りを入れるチャンス。
  • しかし、この上昇は一時的の可能性が高い。なぜなら今回の下落によるVIX上昇は小さい。
  • 金曜日の米雇用統計、来週には米インフレ指数、FRBの議事要旨も発表されるので、ボラティリティ再上昇の可能性が高い。
  • 資産保護のために、雇用統計発表の前に売りを入れた方がいいかもしれない。

日本株の暴落、やっと買う時か?

ソースはこちらの動画

現状把握

  • エネルギー株、銀行株が以前強い
  • 海運株は少し回復した
  • 指数を見ると今日の取引では大きな下髭になっているので、底打ちの可能性が高い。
  • みずほ銀行は三角持ち合いのボトムで底打ちしており、割安感がある
  • 三菱UFJはまだ割安水準ではない。住友もまだ底打ちしていない。
  • 商社は伊藤忠、三井商事はあまりいいチャートではない。丸紅は三角持ち合いの中で動き続けそう。三菱商事は割高感が高い。住友商事はもう少しで上昇トレンドの支持ラインに届きそう。
  • 商社株は買い時の銘柄はない。
  • JR九州、JR東海は三角持ち合いを上抜けしたので、上昇トレンドは続きそう。
  • 海運株はそろそろ下落は落ち着きそうだが、買いたい銘柄ではない。
  • 任天堂、キーエンス、村田製作所は日経平均に採用されたため、指数連動性が高くなってしまっている。
  • エネルギー関連株のインペックスはこの日5.6%上がっているが、RSIが80を超えているので、もう少し落ち着いてから買ってもいい。
  • ソフトバンクはこの数か月で44%落ちている。自社株買いをしないことを発表したり、中国の影響が大きい。
  • トヨタは今後レンジ相場が続く可能性が高いが、円安が進めば、株価は上がる可能性が高い。
  • 日経平均は下落しているナイフの状態。
  • 短期的には1次的な回復はあると考えられる。
  • ただし、マザーズは去年の10月からずっと下落トレンドが続いている。
  • ゴールドマンサックスはダイキン、デンソー、ルネサス、アサヒ、アシックス、リログループの6つの銘柄を今後上昇する銘柄として勧めている。

これを聞いてどうする?

  • 短期投資では空売りしてきたが、利益確定のタイミング
  • 買いを入れる時が来たが、まだ安心とは言えない状況なので、焦って買う必要はない
  • 投票日に向かって政治リスクは続くので、まだボラティリティが大きい状態は続きそう
  • 米テーパリングの影響もまだ懸念事項
  • この2つのリスクが解消するまでは、長期投資のポートフォリオを調整することはない

高橋ダンさんの著書

前日の動画のポイントはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました