【自分の長所を伸ばすことに集中】StrengthsFinder2.0(ストレングス・ファインダー2.0)を”少しだけ”ご紹介

ライフハック

はじめに

トム・ラスによるビジネスの自助本であるストレングスファインダー2.0は、読者が自分の得意なことを特定し、弱点を改善したり間違ったことを修正したりするのではなく、強みの開発に集中することを奨励しています。
ラスはギャラップのポーリングエージェンシーの元責任者です。
会社を辞めた後、彼は従業員エンゲージメントの分野で独立したコンサルタントおよびアドバイザーになり、8冊の本を書きました。
そのうちストレングス・ファインダー2.0は4冊目です。
これは間違いなく彼の最も有名な出版物であり、The Economist誌によってウォールストリートジャーナルのベストセラーであり、世界のトップセラーとして認められています。

今回はこちらの海外メディアで同書を紹介していた内容を参考にさせていただいております。

苦手なことは避け、得意を伸ばそう

同氏は、本書を3つの重要なレッスンに分けて、読者が自分の長所を特定して長所を伸ばすことを示しています。
可能な限り長所を誇張し、欠点を軽視することです。ほとんどの人が自分の欠点や弱点に長く意識し、改善しようとしていると主張しています。今後は、楽しくて、その人がすでに得意なことに取り組むほうがよいでしょう。

誰もが成功するために辞めなければならない悪い習慣を持っていますが、あまりにも多くの人々が彼らが人生の成功に繋がると思い、無理にその習慣を続けています。
たとえば、著者は、ジムに行くのが嫌いな読者に、それが絶え間ない苦労である場合は、激しいスケジュールで運動しようとするのをやめるように勧めています。
代わりに、彼らはすでに楽しんでいるものを組み込んだ身体活動に従事するための代替方法を探す必要があると伝えています。
たとえば、自然愛好家は外で長い散歩をすることで毎日の運動をすることは苦ではありません。

この本によると、強さは才能、知識、スキルの組み合わせとして定義されています。
才能は自然に発生しますが、適切に育成されていないと、適切な力に成長することはできません。
知識は読書と学習を通じて習得され、スキルは実践的な練習と間違いからの学習を通じて習得されます。

ラスはさらに、多くの人々が持っている34の重要な特徴的な強みを概説します。
この本は、読者が自分に当てはまるものを見つけることができるように、具体例と質問票を提供します。
それぞれの強みには、仕事や生活全般を改善するためにそれをどのように使用するかについてのアドバイスも含まれています。

以下に、いくつかの例を紹介いたします。

信者

信者は、何かを信じる必要があると感じたときに力を発揮します。
信者は、信じていないタスクの動機を見つけるのは困難ですが、目前の使命に取り組むときは優れています。
信者は、仕事への熱意を自然に伝えるため、優れたリーダーになることがよくあります。
部下は、プロジェクトを確実に成功させるために一生懸命働くことができます。

未来派

未来派は、未来を想像し、文化がどこに向かっているのかを推測するのに非常に熟練しています。
彼らの最大の強みは、現在の境界やルールを超えて見て、変化を予測することです。
未来派は、長期計画を立て、変化に適応するのが得意です。

達成者

達成者は、タスクが何であれ、最高の結果になるように動機付けられます。
達成者は多くのエネルギーを持っており、遊んでいるときではなく、物事を成し遂げたときに元気を取り戻します。

司令官

司令官は彼らの心の内を話すことを恐れません、そして彼らはほとんどどんな状況でも彼らの目標のために立ち上がるでしょう。
彼らは強い意見を持っており、一般的に良い道徳的な羅針盤を持っています。
彼らの最大の才能は、議論を切り抜け、物事を成し遂げるためにグループを動員することです。

ハーモナイザー

ハーモナイザーは妥協点を探し、常に紛争に対する最も外交的な解決策を見つけようとします。
彼らは人々と話したり意見を聞いたりすることを楽しむ傾向があります。
彼らはデリケートな状況で交渉し、最も多くの人々が比較的幸せに去ることを確実にするのが得意である傾向があります。

責任者

責任者は自分の仕事に誇りを持っており、常に自分の能力を最大限に発揮して自分の役割を果たします。
これらの個人は、信頼性と時間厳守が不可欠な仕事に優れています。
彼らは労働倫理のために職場で人気がある傾向がありますが、より高いレベルの管理に昇進することには消極的です。

マキシマイザー

マキシマイザーの最大の強みは、他の人の強みを特定して開発することです。彼らはすでに良いプロジェクトを引き受け、それらをさらに良くすることを好みます。彼らは自分自身や他の人のポジティブに焦点を合わせているので、良い動機付けになります。

最後に

特定の強さの各説明を通して、ラスはこれらの個人が得意とすることについての情報と、彼らの強さが弱さにならないように注意の言葉を提供します。
ラスはまた、個人が弱い領域の周りを管理するためのアドバイスを提供します。
これには、練習を通じて少し良くなること、弱点を回避すること、その特定の分野で優れている人と緊密に協力すること、または可能であれば単に弱点を完全に回避することが含まれる場合があります。

今の仕事・勉強に対して悩みを抱えている方や、転職を考えている方は、自身の行動や選択に失敗がないようにしっかりと自己分析をするために非常に有用なツールになるはずです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました