【パニック売りの大損回避】株式市場の暴落時までに備えておくべき4つのこと~パニックにならないで!~

投資戦略

はじめに

長期に渡るの驚異的な成長の後、10月には株式市場は不安定な月を迎えました。

株式市場はその後、下落から回復しましたが、一部の投資家は、本格的な市場の暴落がまだ間近に迫っていることを懸念しています。

市場の暴落がいつ来るのか、判断できる人は誰もいません。
パンデミックが続いていることは事実ですが、失業率は依然として高く、経済は不安定なままですが、これらすべての要因が過去1年半にわたって市場の成長を止めていません。

とはいえ、市場の暴落に備えることは決して悪い考えではありません。
大切なことは、暴落が発生した時に自分が何をすべきか、しっかりとした考えを持っておくことです。
ここでは、あなたが準備しておくべき、4つのことをご説明します。

保有している株は暴落時には売らずにホールドしておく

市場が不安定になると、株を売り払いたくなるかもしれません。
理論的には、価格が下落する直前に売却することは理にかなっているかもしれません。
そうすれば、市場が暴落したときにポートフォリオが打撃を受けることはありません。

しかし、最も熟練した投資家でさえ、市場のタイミングを計ることはほぼ不可能です。
そして、暴落が起きても、すぐに株価が上昇することもあります。
たとえば、2020年の暴落後、すぐに相場が市場予測に逆らってリバウンド時を思い出してください。今売れば株価が上がり続けるチャンスを逃す可能性があります。

そのため、市場の動向に関係なく、何も売る必要はありません。
そのためには、平時において、長期的にうまく機能すると信じている銘柄を慎重に選択する必要があります。
個別株を正しく選ぶ自身がない方はS&PやNASDAQ、ダウ平均等の指数に連動するETFを購入することをおススメします。
そうすることで暴落を乗り切ることができると確信しています。

暴落時に買い増しできるように余剰資金を残しておく

市場の低迷は投資を売却するのに最悪の時期の1つである可能性があるため、株価が下落する前に、自身の財務状況が比較的健全であることを確認することが重要です。

市場が暴落すると、株価は安値になります。
もし、保有資産のほとんどを株式に充てていた場合、暴落時に予想外の出費に直面すると、保有している株を売るしかないかもしれません。
暴落時に売却することで、投資を支払った金額よりも少ない金額で売却し、損失を確定してしまう可能性があります。

基本的には6か月分の生活資金は常にキャッシュとして手元に残しておくことが推奨されています。
このようにして、市場が暴落し、予期しないコストが発生した場合でも、保有株式をそのままにしておくことができるので安心できます。

暴落時に購入する銘柄のリストを作成しておく

市場の低迷は投資を売却するのに理想的とは言えませんが、購入する絶好の機会です。

不況時には株価が下がるため、質の高い投資を数分の1の価格で購入できます。それらの価格は低いかもしれませんが、良い投資はそれでも良い投資です。
強い企業は市場の低迷を乗り越える可能性が高く、価格が下がったときに投資することで、市場が回復したら報酬を得ることができます。

不況時に投資するための鍵は、価格が下がる前に興味のある株のリストを作成することです。
どの株を買いたいのかわからないまま不況に陥った場合、売りに出されていたという理由だけで、理想的とは言えない会社を買うことになってしまうかもしれません。
ただし、事前に調査を行うことで、最高の株を最高の価格で購入することができます。

市場の暴落は憂慮すべきことであり、景気後退が間近に迫っている場合、緊張を感じるのは普通のことです。
クラッシュが実際に発生するかどうかは誰にもわかりませんが、発生した場合は、できる限り準備を整えておくことで、より気楽に休むことができます。

暴落が起きても動じないメンタルを養う

上記の事を頭に入れていても、実際に暴落が来た時に落ち着いて対処できない可能性の方が高いです。
周りの情報に流されずに、確固とした正しい判断を行えるようにメンタルを養っておくことが大切です。
これは根性論の話ではなく、正しいマインドセットを持っておくことが大切という意味です。
正しいマインドセットを持つためには、暴落が訪れる前にしっかりとマインドセットを学んでおく必要があります。
株式投資において、いかにメンタルが大切であるか、下記の書籍を読むことで十分に理解できると思いますので、興味のある方はご購入することをおススメいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました