【大注目のフィンテック企業】Square(スクエア)のビジネスモデルの「強み」と「弱み」、「将来性」:SWOT分析で分かりやすくまとめてみました

米国株投資

企業概要

情報ソースはこちらです。

2009年、Squareは、中小企業および大企業に金融ソリューションを提供する必要性から設立されました。 とりわけ、金融サービス、モバイル決済サービス、およびマーチャントアカウントを顧客に提供します。

この記事では、SquareのSWOT分析について説明します。これには、長所と短所の内部戦略的要因、および商機と脅威などの外部戦略的要因が含まれます。

Strength:強み(内部要因)

膨大な商品・サービスラインナップ

Squareは、その傘下にさまざまな製品を持っています。
同社の主要な市場は、POS(販売時点情報管理)市場です。
その支払いシステムは、様々機能を備えたオールインワンの支払いサービスです。
彼らのサービスプラットフォームはユーザーフレンドリーでシンプルな操作で利用可能ある点が魅力です。
これが完了すると、顧客は、すべての主要なカード支払いオプションの処理を有効にするために、をタップまたはディップすることにより、保存されたカードを介してオンラインで支払いを受け入れることができます。
Squareが提供するその他のサービスには、売り手がビジネスを適切に管理できるように統合されたクラウドベースのソフトウェアソリューションが含まれます。
これらの製品には、ユーザーがWebサイト、アプリ、バックオフィスシステムでスクエアカードにアクセスできるようにするAPIやSDKなどのツールもあります。
Squareはレストランにも対応しており、食品を注文するための差別化されたサービスを提供しています。
スクエアキャピタルは、産業銀行とのパートナーシップを通じて、現在の支払いと販売時点でのデータに応じて顧客にローンを提供することができます。
さらに、同社は金融市場やモバイル決済市場にも投資しており、製品やサービスのポートフォリオを多様化しています。
また、サービスを統合して、サービスの使用に柔軟性を提供しています。

成長スピードの速さ

Squareは、数年間の短い期間で、急速な成長を遂げてきました。
新たな支払い処理システムを再発明することで、エレガントなソフトウェアとハ​​ードウェアのソリューションを提供し、顧客はすぐにそれを高く評価しました。
これにより、以前は取引のコストと、時間と手間がかかった申請プロセスのために導入をためらっていた中小企業と大企業が同社の支払いサービスを利用するようになりました。
したがって、Squareは、中小企業セクターの真の苦痛に対する解決策を提供しました。
数年にわたってその成長を支えた他の要因には、流通と信頼性を推進した戦略的パートナーシップの会社の使用が含まれます。
しかし、新型コロナウイルスの出現により、その事業の大部分の主要な顧客が突然強制的に閉鎖され、Squareの成長は低迷しました。
しかし、驚くべきことに、会社の成長は再度急上昇して上向きになりました。
Squareの消費者支払いアプ​​リは、2021年のビットコインの急成長から巨大なビットコインの購入とトランザクションを取り扱ったため、主要な成長が見られました。
アナリストは、同社が強力なバランスシート、強力なブランド、差別化された製品ポートフォリオをうまく活用していると認識しています。

強力な不正検出システム

Squareの不正検出および予測システムは、不正検出を目的としたトランザクションデータに基づいているため、同業他社よりもはるかに優れています。
Squareのシステムを使用すると、通常は翌日の待ちになってしまう支払い時間を大幅に短縮して、決済を行うことができます。
通常のカードまたはクレジット取引の待機時間として数日を必要とする場合と比較すると、Squareは新しい販売者をすぐに承認でき、新しいユーザーはSquareガジェットをアクティブ化するとすぐにSquareのサービスを使用できます。
不正検出により、Squareは競合他社よりも利便性においても競争力を高めることができます。

イノベーションを重視する企業戦略

イノベーションはSquareの中核です。
Squareは、クレジットカードの支払い処理スペースを再発明し、クレジットカード処理をよりアクセスしやすく手頃な価格にしました。
同社が新しい市場に参入するための戦略を実践し続けています。
同社のハードウェアは美しく設計されています。
ユニークで魅力的、そしてモダンな使い方で、多くの人がそれについて尋ねるマーケティングポイントになります。

Weakness:弱み(内部要因 )

提供されるサービスが依然不十分

幅広い製品ポートフォリオがあっても、それらのサービスにはまだ埋める必要のある大きなギャップがあります。
いくつかの競合他社がこれらのギャップを特定し、これらのギャップを埋める製品を考案しました。
残念ながら、これらのギャップは、他の顧客がブランドを選択することを妨げる理由の1つです。

高い従業員の離職率

同社は、競合他社と比較して高い離職率です。
これは、従業員の誘致、トレーニング、および維持に高いコストがかかることを意味します。
アナリストは、これらの高い離職率は、低い労働者の士気と重い作業負荷に起因すると考えています。

不十分な在庫管理

Squareには、会社の在庫が多い場合があります。
この不適切な在庫管理は、会社の作業管理に悪影響を及ぼします。
さらに、この在庫管理により、過去に会社は債務を負わされました。
Squareは、在庫管理が会社の一般的な収益性にとって戦略的に有利になるように、在庫管理を調整する必要があります。

厳しい競争

同社のサービスと製品の性質上、同社はPayPalやIntuitなどの企業との激しい競争を余儀なくされます。
この激しい競争は、従業員の離職率が高い主な理由の1つであり、この業界では従業員の不足を引き起こしていました。

Opportunity: 商機 (外部要因)

オンラインビジネスの成長

特にCOVID19に関連したオンライン販売の増加により、Squareの潜在的なユーザー数が増加しています。
さらに、インターネットやソーシャルメディアが普及するにつれ、Squareの製品やサービスの機会が増えています。

技術の進歩

技術は大きく進歩しており、2009年に会社を設立したときと同じではありません。
同社は以前、技術の進歩を利用してイノベーションを刺激してきました。技術の進歩が進むにつれ、同社にはイノベーションの機会が増えています。

政府の政策と補助金

補助金と政策に関して政府が実施した変更のいくつかは、Square社に機会をもたらします。
これらの補助金は、Squareがすでに提供している、環境に優しいサービスと製品に関連しています。
また、顧客は環境に良い影響を与える製品への支持を強めています。
税制の変更も有利であり、会社に成長の機会を提供します。

顧客の好みの多様化

顧客は自分の好みにもっとこだわりを持っています。
Squareは、顧客のニーズと好みを研究し、顧客の要件に合った製品を開発するという会社の機会を強化するデータシステムにすでに投資しています。

これまでのところ、同社は膨大な量のデータを収集しており、それらを分析して洞察を使用し、顧客にお金の価値を提供する創造的でユニークなパーソナライズされた製品を開発できます。

Threats:脅威(外部要因)

サイバー犯罪

インターネットの採用が増えるにつれ、サイバー犯罪の発生率は上昇しています。
Squareは、その製品の性質を考えると、サイバー犯罪の固有のリスクに直面しています。
セキュリティの失効は、会社の評判を著しく損なうことになります。

参入障壁の低さ

Squareが事業を展開している業界は、参入障壁が低くなっています。
新規参入者の氾濫は、Squareの市場シェアを低下させるだけでなく、Squareの価格、ひいては利益率を低下させます。

Squareは、代替製品を提供する企業による市場買収の脅威に直面しています。
代替製品とは、特定の製品と同じ機能を提供できる別の製品です。
同社はすでに激しい競争に対処せざるを得ない環境に直面しており、これらはSquareに脅威をもたらします。

結論

Squareはイノベーションと市場へのソリューションの提供を通じて市場の成長を加速させましたが、同社は在庫管理、スタッフの離職率の弱点に対処し、収益を高めて市場での競争力を維持するための脅威にも対処する必要があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました