”1分で読める”オススメ米国株 銘柄特集~21年9月22日第2号~

米国株投資
Success business chart with green arrow up and USA dollars background. Profit and money. Financial and business graph. Stock market growth 3d illustration.

はじめに

この記事ではおススメの米国株 銘柄について、1分以内に読み切れる量でまとめております。
たった1分ですが、質の高い情報をお届けできるよう努力しておりますが、以下の点に注意をして、お読みください。

  • 投資は自己責任・自己判断でお願いいたします。
  • 翻訳が誤っている可能性があるため、興味がある情報は原文をご確認ください
  • メディアが発表した日が必ずしもベストな購入タイミングとは限りません
  • 売買の判断に用いるというより、メディアを考え方を学ぶ機会と捉えましょう

それでは参りましょう。今回の特集はこちら!

ジム・クレイマーが今おすすめする3銘柄

情報ソース:CNBC

ジム・クレイマーが今おすすめしているのは、こちらの3銘柄です。

  • Airbnb(ABNB)
  • Uber(UBER)
  • DoorDash(DASH)

これらの銘柄をおすすめする共通点は下記の通りです。

  • 新型コロナの流行により、ビジネスモデルそのものが崩壊する恐れがあったが、それを乗り切った
  • コロナが収束に向かう中で、これから収益を伸ばす用意が整っている

Airbnb(ABNB)

ブルームバーグがAirbnbのCEOにインタビューした動画によると、

  • コロナの影響によりAirbnb利用者の宿泊数が増えている
  • これは職場を選ぶことなく仕事をすることができるようになったため
  • 世界中のあらゆる所で仕事ができるようになり、Airbnbのサービスは今後も利用される

と説明しており、新たな形でAirbnbが消費者に受け入れられているようです。

Uber(UBER)

ジム・クレイマーはUberがパンデミック中もUber Eatsをうまく活用できていたことや、アルコール配達会社Drizzlyの買収を進めたことが賢明であったと述べています。
TechCrunchの記事によると、 Drizzly には、

  • サービスは北米の1400以上の都市で展開している
  • コロナの収束に伴い、売り上げが順調に伸びている
  • 現在は酒類販売規制により、販売エリアは限定的

といった特徴があります。

DoorDash(DASH)

Diamondの記事にある通り、フードデリバリーサービスの米国におけるシェアはDoorDashとUberの2社でほぼ全てを握っています。そしてシェア1位はDoorDashです。
ジム・クレイマーはこの2社の独占状況から分かる通り、2社の株両方を持つことを勧めています。

今急いで買う必要はない?

別の記事でジム・クレイマーは、9月の下落基調はまだ続いており、買いを勧めるような強気な状況にはなっていないと指摘しています。
今回紹介した銘柄も短期的にはまだまだ下がる可能性もあるため、焦らずじっくりと買い時を見極めましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました