【世界最大のオンライン決済業者】「PayPal(ペイパル)のビジネスモデルの強み・弱み、将来性」:SWOT分析で分かりやすくまとめました

米国株投資

はじめに

情報ソースはこちら

PayPalは、世界をリードするオンライン送金、支払い、および領収書のプラットフォームです。
今日、PayPalは企業やウェブサイトのほとんどのオンライン取引を支えています。
同社は、オンラインビジネスに一般的なソリューションと専用のソリューションの両方を提供しています。
PayPalは、Payoneer、Apple Pay、Samsung Payなどでいくつかの競争を生み出しましたが、これらの企業やプラットフォームはいずれもPayPalの市場支配に近づいていません。

今日、PayPalはさまざまな国で高い知名度を誇っています。
2020年の第3四半期のレポートで報告された数字によると、プラットフォームには3億6,100万人を超えるアクティブユーザーがいます。
PayPalはまた、10年以上にわたって継続的に収益を増やしてきました。
同社は株主にとっても非常に収益性が高く、米国で最大のテクノロジー企業の1つです。
PayPalの主な利益源は、その非の打ちどころのないビジネスモデルです。
同社は、オンライン決済サービスを提供する世界で最初の企業の1つであるという恩恵を受けています。
同様に、会社がeBayの子会社になった後、eBayはPayPalを主要な支払い元として使用し始めました。
これらの要因が会社の人気を高め、米国や他の多くの国で有名になりました。

同社は2019年に177.7億ドルの収益を生み出しました。これは、これまでで最高の収益でした。 2018年の154.5億ドルの収益から15.02%増加しました。
また、PayPalは2019年に27億1900万ドルの営業利益、24億5900万ドルの純利益を生み出しました。
これも、これまでで最高でした。会社のサービスと非の打ちどころのないビジネスモデルにより、すべての収益性と収益が可能でした。
PayPalが大成功を収めたもう1つの理由は、サービス向上のための積極的な投資です。
同社は他社への投資にも積極的に参加している。 PayPalが投資した企業のほとんどは、PayPalの製品やサービスに密接に関連しているか、機能を強化しています。
同社はまた、潜在的な競合他社を買収し、潜在的な損失を阻止することにより、収益性を向上させました。

どんなに素晴らしい企業でも、弱点はあります。
そんなPayPalの「強み」、「弱み」をSWOT分析を用いて、読み解いていきましょう。

Strength:強み(内部要因)

有名なブランド名

PayPalのブランド名は、これまでもこれからも最大の強みです。
PayPalは、そのサービスと過去の関連付けにより、一般的な名前になりました。
同社は、ブランド名だけに基づいて顧客ベースを大幅に増やしました。
同社のブランド名は、競合他社との差別化要因でもあります。

製品力の高さ

PayPalのオンラインプラットフォームは、洗練されたプラットフォームの1つです。
同社はコアプロセスとサービスを完成させ、顧客に使いやすいユーザーエクスペリエンスを提供しています。
プラットフォームの使いやすさにより、世界中のお客様が問題なくサービスを利用できるようになりました。
このことで、会社に競争上の優位性を生み出しました。

国際的なプレゼンスの高さ

PayPalの国際市場への拡大により、顧客数を大きく伸ばすことに成功しました。
同社は、いくつかの例外を除いて、世界中のほぼすべての国で事業を展開しています。
例外的なケースでは、同社は子会社を通じてサービスを提供しています。
全体として、同社の国際的なプレゼンスは、成功の主要な源の1つです。

ユーザー数の多さ

PayPalは、業界で最大のユーザーを抱えるサービスの1つです。
同社は2020年に最高のユーザー数を記録し、3億6,100万人を超えるユーザーを記録しました。
他の競合他社は、これらの数値の達成に近づいていません。
したがって、PayPalの顧客基盤は、その競争上の優位性に大きく貢献しています。

Weakness:弱み(内部要因 )

PayPalを利用した不正の横行

PayPalは、不正行為に対処するのに常に苦労してきました。その性質上、プラットフォームは人々からお金を騙し取ろうとする詐欺師にとっても魅力的に映ってしまいます。
これは、一部の企業や顧客が他の競合他社に事業を切り替えた理由の1つです。
同社はまた、さまざまなフィッシングやデマ攻撃に見舞われ、評判を傷つけています。

高額な利用料金

PayPalは、オンライン決済市場の主要な名前です。
同社は競争がないため、顧客から高額な料金を請求するというメリットを生かしています。
ほとんどの顧客は料金を支払いを継続するつもりですが、一部の顧客は他の競合他社に事業を切り替えています。
全体として、プラットフォームの高額な料金はその弱点です。

Opportunity: 商機 (外部要因)

市場の拡大

PayPalはすで確固たるビジネス基盤を持っています。
ただし、前述のとおり、一部の国では事業を行っていません。
PayPalは、これらの市場に拡大し、顧客ベースを拡大することで利益を得ることができます。
同様に、同社は新興経済国に進出して市場シェアを獲得し、基盤を構築することができます。

暗号通貨の取引

PayPalは、暗号通貨取引を導入することで、暗号通貨市場に拡大することからも利益を得ることができます。
多くのオンライン顧客は暗号通貨の支払いに移行しており、それらのためにさまざまなサービスを使用しています。

※PayPalは既に暗号通貨の取引を開始しています。

テクノロジーの進化

PayPalはすでにビジネスモデルを強化するために必要なテクノロジーを備えていますが、それでも製品にいくつかの革新を使用することができます。
同社は、あまり変更する必要のない独占を開発しました。
ただし、競合他社は自社製品に新しい改良を採用しています。
PayPalが同じ開発を採用した場合、PayPalはそれらの分野で競合他社を追い抜くことができます。

Threats:脅威(外部要因)

政治的緊張

PayPalは主に米国で運営されているため、米国と他国との間の政治的緊張がPayPalのビジネスに影響を与える可能性があります。
この最近の例は、米中の政治的緊張の問題です。
この種の政治活動は、PayPalの活動を制限し、ユーザー数を減らす可能性があります。
全体として、政治的緊張は会社に脅威をもたらします。

競合他社の台頭

PayPalも競争の脅威に直面しています。
同社はオンライン決済ビジネスで最高の市場シェアを持っていますが、 Googleウォレット、WePayなど、PayPalと同じ市場シェアを目指して戦っているさまざまな競合他社があります。 PayPalをめぐる競争の脅威は常に存在しており、今後も続くでしょう。

サイバー攻撃

PayPalはお金や暗号通貨を取り扱う市場のために、PayPalは多くのサイバー犯罪の脅威を引き付けます。
したがって、ハッカーやその他の無許可の関係者は、プラットフォームを標的にして、ユーザーの資金をアカウントから奪おうとします。
PayPalには常に脅威が存在していました。
PayPalのビジネスに大きな影響を与え、その評判を損なう可能性もあります。

結論

PayPalは、世界最大のオンライン支払いおよび領収書プラットフォームです。 同社は、いくつかの例外を除いて、世界中のほぼすべての国で事業を展開しています。
また、PayPalは顧客の間で非常に人気があり、非常に収益性の高い会社です。
ただし、進化していく詐欺やサイバー攻撃の脅威には今後も注意し続ける必要があります。

その他の企業の分析内容はこちら↓↓↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました