【世界最大の映像ストリーミングサービス】Netflix(ネットフリックス)の「強み」と「弱み」、「将来性」:SWOT分析で分かりやすくまとめてみました

米国株投資

企業概要

情報ソースはこちらです。

Netflixは、世界最大のストリーミングサービスの1つになりました。
さまざまな映画、ドキュメンタリー、テレビシリーズなどを制作する社内制作会社もあります。
リードヘイスティングスによって1997年に設立された同社は、米国の ストリーミングサービス市場の大部分を占めています。

Netflixは、DVDの販売と郵送によるレンタルを含むビジネスモデルから始まりました。
しかし、同社はそのモデルを放棄して、最初のDVDレンタル事業に焦点を合わせました。
Netflixは、2007年後半にストリーミングサービスを導入しました。同社はすぐに世界中でサービスの提供を開始しました。

同社は、自社制作または他の制作会社からの映画を持っています。
2020年の第3四半期に1億9500万人の世界の有料ユーザー数を報告しました。これらのうち、7300万人は米国から来ています。

このプラットフォームは、いくつかの例外を除いて、世界中のほぼすべての国で利用できます。 2016年1月時点で、同社は190か国以上での事業を展開しており、米国以外にも英国、日本、フランス、インド、韓国など、世界中にオフィスがあります。

同社の収益は飛躍的に伸びています。
2020年、同社は時価総額で最大のストリーミングサービスの企業になりました。
Netflixの2020年の収益は20,156百万ドルで、2019年の15,794百万ドルから28%増加しました。同社は10年以上にわたって収益を伸ばしています。
そんなNetflixの強み・弱みをSWOT分析を用いて抽出してみましょう。

Strength:強み(内部要因)

強力なネームブランド

Netflixは、米国および世界中の他の多くの国で一般的な名前です。
同社は、オンラインストリーミング市場で最も古く、最も人気のあるブランドの1つです。
同様に、そのブランド名は、大多数の顧客をプラットフォームに引き付けるものです。
Netflixのブランド名は、常に競争上の優位性に貢献してきました。

豊富な映像コンテンツ

他のオンラインストリーミングプラットフォームと比較して、Netflixはオリジナルおよび外部コンテンツの最大の映像コンテンツを持っています。
同社は、世界中のさまざまな現地の言語のオリジナルコンテンツに多額の投資を行っています。
これにより、同社は世界中から多くのユーザーを引き付けることができます。
コンテンツの範囲を広げ、顧客が支払う価格でより多くを得ることができるようにしました

ユーザーの多さ

Netflixの顧客基盤は、常に差別化要因の1つです。
同社は2020年に世界中で1億9500万人のユーザーを獲得しました。
これは、オンラインストリーミングプラットフォームの中で最も多いユーザー数です。
そのグローバルな存在感と高品質の製品により、同社は業界内のすべての企業の標準となっています。
また、その数はさらに増えると予想されます。

革新を重視する姿勢

Netflixは、オンラインストリーミングプラットフォームの最初の発明者の1人でした。
同社はDVDレンタルモデルからオンラインストリーミングプラットフォームモデルに移行し、大きな人気を博しました。
同様に、同社はまた、うまく設計された使いやすいオンラインプラットフォームを持っています。 Netflixはテクノロジーと開発にも多額の投資を行っているため、競合他社がトップに立つことは困難です。

Weakness:弱み(内部要因 )

模倣しやすいビジネスモデル

Netflixのビジネスモデルは革新的ですが、ユニークではありません。
ビジネスモデルは模倣可能であるため、Netflixがより多くの顧客を引き付け続けることは容易ではありません。
Amazon PrimeVideoやDisney +など、さまざまな競合他社が同じビジネスモデルを採用しています。
複製が容易なビジネスモデルにより、同社は競争上の優位性を失うリスクがあります。

オリジナルコンテンツの人気が低い

Netflixは大量のオリジナルコンテンツを制作していますが、必ずしもうまく機能しているとは限りません。
会社にとって非常にうまくいったコンテンツがいくつかあります。
ただし、多くののコンテンツはそれほど成功していません。
ほとんどの顧客はこれらのコンテンツを好まないため、会社の弱点となっています。

映像コンテンツの限られた配信権限

Netflixが所有していないコンテンツについては、同社の著作権は制限されています。
これらの有効期限が切れると、コンテンツがプラットフォームから削除されることを意味します。 Netflixは一部のライセンスを更新する場合がありますが、他の一部のライセンスは更新しないことも決定する場合があります。
コンテンツは最終的に競合他社のプラットフォームに掲載される可能性があり、企業の顧客を奪われるリスクがあります。

北米市場への依存度の高さ

Netflixは、収益を北米市場に大きく依存しています。
会社の収益のほぼ半分は同市場からのものです。
同社が北米市場からお金を生み出さなければ、それは大きな損失を生むことになります。
同市場への過度の依存により、同社は各国の競合他社に対して競争力を失っています。

Opportunity: 商機 (外部要因)

モバイル端末向けコンテンツ

多くのオンライン顧客はモバイルデバイスから来ています。
NetflixにはすでにAppleとAndroid向けのNetflixアプリの形のモバイルプラットフォームがありますが、同社はそれをさらに改善する余地があります。
同社はまた、モバイルデバイス上でストリーミングサービスのいくつかの安価サービスプランをテストしています。
それは発展途上国からより多くの顧客を呼び込むことが期待できます。

国ごとのオリジナルサービスの拡張

Netflixは、世界中のほぼすべての国ですでに利用可能です。
ただし、すべての言語または国のオリジナルコンテンツがあるわけではありません。
同社はコンテンツを拡張し、より多くの地域と言語をカバーし、さらに多くの顧客を引き付けることができます。
Netflixには、そのプラットフォームの下ですべてのコンテンツを統合するためのリソースがすでにあります。
したがって、拡張することでメリットが得られます。

料金プランの細分化

Netflixには、コンテンツを表示したい顧客向けの単一のプランがあります。
ただし、同社は顧客に利益をもたらすために、より多くの料金プランを提供することができます。これらの顧客は、特定のコンテンツのみを求める可能性があります。
したがって、Netflixはプランをいくつかのグループに分割して、購入者がサブスクライブできるようにすることができます。
各パッケージの価格を比較的低くすることで、結果として利益を大幅に増やすことが実現できるかもしれません。

Threats:脅威(外部要因)

激しい競争

高い市場収益性と簡単に模倣できるビジネスモデルのために、オンラインストリーミング業界は多くの競争を繰り広げています。
競争はNetflixの収益性に大きな影響を与え、顧客を会社のプラットフォームから遠ざける可能性があります。
HBO、Disney、Amazon Prime Videoなどのさまざまなプラットフォームが、Netflixの人気をすでに阻止しています。

違法コピー

違法コピーは、これまでもこれからも、Netflixのビジネスモデルに対する重大な脅威です。
同社は過去にいくつかの著作権侵害の問題に直面しており、その状況は継続しています。
プラットフォームで利用可能なコンテンツは、違法なWebサイトでも無料で利用できるため、会社が収入を得ることを阻害しています。

サイバー攻撃

オンラインマーケットスペースで運営されている企業やプラットフォームは、サイバー犯罪の脅威に直面するリスクがあります。
Netflixのユーザーアカウントは過去にハッキングの脅威に直面しており、その割合は継続的に増加しています。
これらの問題が今後も続く場合、顧客はプラットフォームを競合他社に任せる可能性があります。会社はこれらの問題に絶えず直面しなければなりません。

結論

Netflixは、世界最大のオンラインストリーミングサービスです。
同社はDVDレンタルビジネスモデルとしてスタートしましたが、オンラインストリーミング市場に移行しました。
Netflixは、革新的プラットフォームを通し、高い収益性を維持しており、なおも収益性の向上が続いていますが、競合他社との激しい競争やサイバー攻撃には今後も注意深く対処していく必要があります。

お知らせ

その他の企業のSWOT分析紹介記事の一覧はこちらです↓↓↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました