「恒大集団(Evergrande)の問題は米国市場にとって大きな問題とはならない」ジム・クレイマー Mad Money 9月20日号

米国株投資

はじめに

以下の点に注意をして、お読みください。

  • 投資は自己責任・自己判断でお願いいたします。
  • 翻訳が誤っている可能性があるため、興味がある情報は原文をご確認ください
  • メディアが発表した日が必ずしもベストな購入タイミングとは限りません
  • 売買の判断に用いるというより、メディアを考え方を学ぶ機会と捉えましょう

キーポイント

  • 経営難に陥っている中国の不動産開発会社「Evergrande」が、米国の経済や金融システムに大きなダメージを与える可能性は低いと、CNBCのジム・クレイマーが月曜日に語った。
  • しかし、ジム・クレイマーは、「Evergrandeは間違いなく中国の構造的リスクである」と述べた。

内容

Cramer believes U.S. economy is not going to face serious damage because of China's Evergrande

CNBCのジム・クレイマーは月曜日、苦境に立たされている中国の不動産開発会社Evergrandeは、米国の経済や金融システムに大きなリスクをもたらすものではないとの見解を示しました。

「Evergrandeの株式は消滅し、その痛みは中国の他の不動産業界、中国の金融セクター、そして中国に多くのビジネスを展開する外国の銀行にも広がっている」と ジム・クレイマー は語った。

「Evergrandeは中国のシステミックリスクであることは間違いありませんが、この件では大きなダメージにはならないでしょう」と ジム・クレイマー 付け加えました。

ジム・クレイマー のコメントは、米国の株式市場が急落した後に発表されたもので、月曜日のダウ平均株価は614ポイント(1.8%)下落しました。S&P500は1.7%、ハイテク株の多いNasdaqは2.2%の下落となりました。

Evergrandeの多額の債務不履行に対する懸念と、金融危機の連鎖の可能性が、月曜日のウォールストリートの重荷となっていました。 ジム・クレイマー は、米国経済の広範なリスクを認識していないにもかかわらず、Evergrandeの苦境によって個々の企業が影響を受ける可能性は確実にあると述べています。

「もし中国の不動産が崩壊すれば、それは金属と鉱業の複合体にとって悪いニュースです。」

「さらに、もしこれが中国の本格的な景気後退を引き起こすなら、中国に多くのビジネスを展開する米国企業は、中国で打撃を受ける可能性があります。スターバックス、エスティローダー、ナイキ、キャタピラーなどが考えられます」と ジム・クレイマー は述べ、さらにテスラやアップルにも影響が及ぶ可能性があると付け加えました。

一方で、アメリカの銀行については、中国市場へのアクセスがほとんど制限されているため、「心配はしていない」と述べています。

「肝心なのは しかし、投資家にとっては、売りを仕掛ける絶好の口実になります」と述べています。しかし、投資家にとっては売りの絶好の口実になります。「この件は見送ってください。そうすれば、中国との関係がない銘柄をより良い価格で買うことができますし、今日まで聞いたこともなかったEvergrandeという場所を心配する必要もありません。」

以上、Mad Moneyより

ジム・クレイマーの投資法について更に詳しくなりたい方はこちら

Jim Cramer’s Real Money: Sane Investing in an Insane World (English Edition)

Jim Cramer’s Get Rich Carefully (English Edition)

コメント

タイトルとURLをコピーしました