山善 電動昇降式デスク(スタンディングデスク)を1年間使用してみた感想は「最高の買い物でした!」

ライフハック

はじめに

このページでは私が約1年間使用している山善 電動昇降式デスクを使用してみて分かったメリット・デメリットをまとめたものです。
私が使用している昇降式デスクは山善が販売しているこちら。

山善の電動昇降式デスクを採用した私の作業環境はこちらです。

コード類が散らかっててすみません(笑)
デスクの横幅は120cmでモニター三枚(内1枚はテレビ)とノートPC2台の運用です。
私は今、間取り1Kの部屋に1人暮らしをしており、デスクはこれ1枚なので、食事も含め、プライベートな時間もこのデスクを使用しております。

ちなみに私が昇降式デスクを購入しようと思った理由は、コロナ禍で在宅ワークとなり、一日中座ったままの状態であることが多く、それによって発症した腰痛が原因でした。
そして、その腰痛も昇降式デスクを導入することによって大きく改善しました。
その辺をまとめた記事がありますので、興味があるかたはこちらもご覧ください♪

この記事の構成は、

  • なぜスタンディングデスクではなく昇降式デスクにしたのか?
  • 昇降式デスクのメリット
  • 昇降式デスクのデメリット
  • なぜ電動の昇降式デスクにしたのか?
  • なぜ山善の昇降式デスクにしたのか?

といった構成で解説したいと思います。

それでは本題に入りましょう!

なぜスタンディングデスクではなく昇降式デスクにしたのか?

結論から申し上げますと、ずっと立ちっぱなしは嫌だからです(笑)
ここで言う、「ずっと」というのは仕事中だけでなく、食事中やテレビやPCでネットサーフィンや動画を見ている時も含まれます。
スタンディング専用のデスクにしてしまうと、そういったプライベートの時間までたち続けなければならず、さすがにそれはしんどいと思い、昇降式デスクを選びました。

昇降式デスクのメリット

昇降式デスクのメリットを端的にまとめると以下の通りです。

  • 腰痛が改善した
  • 座り姿勢と立ち姿勢を臨機応変に変えられる
  • 長時間立っているのが苦ではなくなった
  • 階段の上り下りが辛くなくなった

この中でも特に腰痛が改善したのはありがたかったです。
本来楽な姿勢のはずの座った状態の姿勢で腰痛に悩まされていたのは本当につらかったです。。。

昇降式デスクのデメリット

逆に昇降式デスクのデメリットを使ってきた中でお伝えしたいデメリットを挙げていきます。

  • 価格が高い
  • 重い
  • レイアウトに制約が発生する
  • 故障のリスクがある

特に多くの方にとって、価格の高さや重量の重さがネックになると思います。

昇降式デスクのメリット・デメリットについて詳細を知りたいという方は、下の記事にまとめておりますので、そちらも併せてお読みください♪

なぜ電動昇降デスクにしたのか?

まず手動の昇降デスクは昇降用ハンドルをぐるぐる回してデスクを上げ下げしますが、端的に言うと手動式は「めんどくさそう」というのが私の感想です(笑)
毎日最低でも1往復上げ下げ、日によっては数往復上げ下げすることを考えるとそのたびにぐるぐ回すのはめんどくさいですし、上げ下げに要する時間を1年間トータルで合算すると、すごい時間になりそうなのも1つの理由です。
ワンタッチで上げ下げできるのは簡単ですし、時短にもなりますので、必要な投資として電動式を選びました。

なぜ山善の昇降式デスクにしたのか?

選んだ理由は3つあります。

  • 価格が予算内だから
  • 組み立てサービスと不用品引き取りサービスがあったから
  • 日本の企業だから

価格が予算内のスタンディングは複数あったのですが、組み立てと不要になった旧デスクを引き取ってくれるサービスはありがたかったです。
追加料金は掛かりましたが、十分払う価値のあるサービスでした♪

これらの理由について、より詳細に知りたいという方は下の記事で紹介しておりますので、併せてお読みください♪

まとめ

以上、山善の電動昇降式デスクを使用した感想を書かせていただきました。
私は心から買ってよかったと思える商品でしたので、購入を迷ってる方がいらっしゃいましたら、是非購入することおススメいたします!


また、ブログ村のランキング上位を目指しておりますので、よろしければ下のボタンのクリックをお願いいたしますm(__)m

にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました