【税務・会計ソフトシェアNo.1企業】インテュイット(Intuit)のビジネスモデルの「強み」と「弱み」、「将来性」:SWOT分析で分かりやすくまとめてみました

米国株投資

企業概要

情報ソースはこちらです。

Intuitは、米国のカリフォルニア州マウンテンビューに拠点を置くアメリカの金融ソフトウェア会社です。
中小企業および個人向けの会計、財務、税務準備、および関連サービス用のソフトウェアを製造しています。
その主力製品には、Turbo Tax、Mint、QuickBooksなどがあります。 誰もが繁栄できるプラットフォームを提供することを目指しています。

この記事では、IntuitのSWOT分析について、長所、短所、商機、脅威に焦点を当てて説明します。

Strength:強み(内部要因)

技術力の高さ

Intuitは、人工知能を有効に活用して、顧客体験に革命をもたらします。
同社は時間をかけてAIに固有の機会を研究し、それらの機会のそれぞれを最大化するために戦略的に適用しました。
Intuitには、知識工学、機械学習、自然言語処理の3つの主要な操作領域を持つAI主導のエキスパートプラットフォームがあります。
これらのAIのアプリケーションを通じて、同社は中小企業の生存率を高め、家計の貯蓄率を2倍にするという目標を達成するために取り組んでいます。
同社の生産では、104モデルの機械学習を使用しています。

高いレベルの顧客満足度

Intuitの戦略は、「顧客に執着している、顧客への効率的な配信に強く傾いている」と説明することもできます。
同社は顧客のニーズ、好みに鋭敏に目を向けており、長年にわたり、サービスと製品の継続的な改善を確保することに苦労してきました。
これにより、同社は機会に応じて機会を模索し、そのエコシステムにおける顧客やパートナーからの完全な信頼という競争上の優位性を獲得することができました。
会社が処理しなければならない個人情報と財務データの機密性を考えると、5200万人以上の顧客が彼らの重要なデータの管理でIntuitを信頼していることは小さなことではありません。

継続的なイノベーション

同社は新製品の開発に成功してきました。
2020年の時点で、同社は400を超えるAI関連の特許を申請しています。これらにより、企業はシームレスなサービスで即時に価値を提供できます。
同社は、従業員の革新性と創造性を高める職場環境の構築に熱心に取り組んでいます。
同社は、新しいアイデアを採用し、実行可能性をチェックするための実験を行い、アイデアが情報漏洩を招かないことを確認するためのテストを行うシステムを持っています。
経営陣がこのプロセスを重要視しています。

強力な製品ポートフォリオ

年にわたり、Intuitはブランドポートフォリオに多額の投資を行ってきました。
これは、会社の基盤となる投資です。 その製品ポートフォリオは、QuickBooks、Turbo Tax、およびMintなどの製品で構成されています。
これらの各製品は高い顧客基盤を持っているため、かなりの収益があります。

海外展開の成功

同社は、インドや中国などの成長経済において市場での存在感を示しています。
これにより、拡大の余地が大きくなり、特定の市場への企業の依存度が低下します。

Weakness:弱み(内部要因 )

高い従業員の離職率

競合他社と比較して、Intuitは高い離職率を持っています。
そのため、会社は従業員の雇用、トレーニング、育成、そして優秀な人材の維持に多くのコストをかけています。

季節性のある税務ビジネス

税務事業は季節性が高く、企業が確定申告を行う必要がある年の会計期間に限定されます。
これは、主要な税務活動が行われていない年の残りの期間、会社の製品がアイドル状態のままになる傾向があることを意味します。
これにより、税関連商品からの収入源が減少する可能性があります。

新規参入者が提示する課題への取り組みの遅れ

Intuitの業界は参入障壁が低いため、市場には多くの新規参入者が存在します。
Intuitはこれらの参入者により、小さな市場ニッチを失っています。
Intuitは、抜け穴を塞ぐために、市場から営業チームを通じて直接内部フィードバックメカニズムを強化する必要があります。

Opportunity: 商機 (外部要因)

海外事業の更なる拡大

Intuitは、技術製品に対する高い需要として技術開発に大きな関心が寄せられているインドや中国などの成長経済に投資してきましたが、さらに他の国への市場拡大も期待できます。
ビジネスの性質上、違う国においても、市場のニーズが類似していることを考えると、Intuitは、その国専用の製品へカスタマイズするための巨額の投資を行わずに、新規市場に参入することができるかもしれません。

Intuitの潜在顧客の獲得

Intuitのシステムにログインし、税務手続きの情報を途中まで入力したものの、途中で中断してしまった人は約3500万人いました。
これらの人に専門家によるサポートを行うサービスを提供することで、さらなる売上上昇を見込める可能性があります。

拡大する仮想現実ビジネス

インターネットが普及し、COVIDの出現により、ますます多くの企業が仮想ソリューションに気づき始めています。
Intuitは、仮想市場ですでに考慮すべき力です。
新型コロナ の出現とインターネット使用の増加により、そのソフトウェア製品に対するより多くの機会と需要が確保されます。

Threats:脅威(外部要因)

厳しい競争

金融およびビジネスソフトウェア業界には激しい競争があります。

景気後退

新型コロナの登場により、企業の収益に影響を与える可能性のある不況の世界的な脅威があります。

国によって異なる規制

規制の違いにより、Intuitの課税および会社の法的責任が複雑になる可能性があります。

結論

Intuitは、収益と配当が2桁成長したことで、投資家を引き付ける強力な企業として登場しました。
顧客の「執着」の考え方を考えると、消費者にとっても同様に魅力的です。
ただし、同社は、競争力を維持するために、フィードバックメカニズムとイノベーション文化を強化することにより、弱点に取り組む必要があります。

お知らせ

その他の企業の分析内容はこちら↓↓↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました