FRBの会合を前に、投資家は現金を株式に交換し、急速な混乱に陥っています

米国株投資
Success business chart with green arrow up and USA dollars background. Profit and money. Financial and business graph. Stock market growth 3d illustration.

情報ソース:FOX NEWS

翻訳のプロではないため、訳文が誤っている可能性がありますが、ご了承ください。

※投資は自己責任・自己判断でお願いいたします。

内容

今週の投資家は、FRB(米連邦準備制度理事会)が引き続き市場を支援するとの見方から、1年以上の早いペースで現金を売却し、株式に資金を投入しました。

バンク・オブ・アメリカがEPFRのデータを引用して発表したところによると、水曜日に終わった週に現金口座から約620億ドルが引き出された。そのうち512億ドルは株式に、161億ドルは債券に、3700万ドルは金に投資されました

米国の大型株ファンドには過去最高の283億ドルが流入し、ハイテク株には12週連続で3.2兆ドルが流入しました。

マイケル・ハーネット率いるバンク・オブ・アメリカのストラテジストは、「税金再分配の脅威が後退し、FRBがウォールストリートに優しい姿勢を維持すると予想される中、現金から株式へのモンスター級の再配分が行われた」と書いています。バンク・オブ・アメリカのストラテジスト、マイケル・ハーネットは、流動性が2007年7月以来、つまりS&P500が大金融危機の前に頂点に達する3ヶ月前以来、最も容易になったと述べています。

米連邦準備制度理事会(FRB)は来週、9月の政策会議を開催します。エコノミストは、FRBが今年後半に月1,200億ドルの資産購入を縮小する方向性を決定すると予想しています。

調査会社キャピタル・エコノミクスの米国上級エコノミスト、マイケル・ピアース氏は、「FRBは、今年後半にテーパリングを開始することを示唆するかもしれないが、正式には発表しないだろう」と述べています。

パウエルFRB議長が先月のジャクソンホール・シンポジウムの講演で、現在のレベルのインフレは “懸念材料 “であると発言したことで、テーパリングの議論が投資家の関心を集めるようになりました。

インフレへの懸念は、補足的な失業給付の週300ドルの期限切れを前後して、労働市場が強化の兆しを見せていることから生じています。9月4日に終了した週の継続失業保険申請件数は267万件となり、パンデミック以来の低水準となりました。この報告書は、補足給付の期限が切れる1日前に発表された。

パウエル議長は、テーパリングは「金利引き上げの時期に関する直接的なシグナル」ではないと述べ、多くの投資家は株式市場が引き続き過去最高の水準まで上昇する可能性があると考えています。

最近、ウォール街のストラテジストの多くが株式市場の暴落の可能性に警鐘を鳴らしているにもかかわらず、彼らは株式市場に資金を投入し続けています。

バンク・オブ・アメリカのサビタ・スブラマニアンは今月初め、同社の内部指標によると、センチメントは「すべてが幸福感に満ちている」とし、2007年以降のどの時点よりも売りシグナルに近い状態であると警告した。

モルガン・スタンレーのストラテジスト、アダム・シーツ氏も同様の懸念を表明し、今後2ヶ月間は “成長、政策、立法課題に対する特大のリスクを抱えている “と指摘しました。

今年18%上昇したベンチマークのS&P500は、10%の下落がない状態が377日続いており、2016年2月から2018年2月までの最長記録となっています。

以上、Foxnewsより

米国会社四季報 2021年秋冬号の予約受付中!

米国株投資をされている方、またはこれから始めたい方には米国会社四季報で米国企業全体を俯瞰することをおススメします。
また、この米国企業四季報には個別銘柄だけでなく、数百種類のETFの情報も掲載されているため、「ETFは種類が多すぎてよく分からない」という方にもおススメできます!
Amazonでの予約はこちら
↓↓↓↓↓

米国会社四季報 2021年秋冬号(週刊東洋経済臨時増刊)

コメント

タイトルとURLをコピーしました