【ハイリスク・ハイリターン】長期的な成長が期待される暗号通貨関連企業5選

米国株投資

はじめに

昨今、暗号通貨の未来はより明確に見えるようになりました。
ビットコイン(BTC)を始めとした、いくつかの暗号通貨は、これまで以上に世界中で承認を得ています。
そのため暗号通貨を取り扱う企業の株は最近ますます注目を集めています。

暗号通貨株は、多くの投資家がデジタル通貨への間接的な投資を獲得する方法になっています。
暗号通貨株は、暗号通貨自体の保有には懐疑的な人に最適です。
しかし、念のためお伝えしておくと、暗号通貨に関連する株式への投資は今でもかなりハイリスクです。

しかし、暗号通貨関連株はその保有者にかなりの報酬を与えました。
あなたも利益を得るためには十分な忍耐力を持っている必要があります。
リスクが高いと、常に高い報酬があります。さらに、暗号通貨業界の状況は日々改善されています。
ウォールストリートジャーナル」によると、連邦準備制度は、米国経済における中央銀行のデジタル通貨の使用を調査する論文を発表する予定です。

この記事では5つの暗号通貨関連企業を紹介しています。

※情報ソースはこちらの記事です。

Coinbase Global

Coinbase - Wikidata

購入するのに最適な暗号株のリストで最初に購入する銘柄はCOINです。Coinbase(COIN)は、世界をリードする暗号通貨取引所の1つです。
Coinbaseの株式は、今年初めに直接上場されて以来、急上昇しています。
上場時の参考価格は250ドルで、COIN株は429.54ドルまで上昇しました。
しかし、すぐに250ドルを下回りました。

主に取引所での暗号通貨の量が多いため、2021年第2四半期に素晴らしいな結果を記録しました。
当四半期の収益は、前四半期の16億ドルから20.3億ドルに増加しました。
月間取引ユーザー数は、前四半期の660万人から880万人に増加しました。

Coinbaseの機関投資家の所有比率は28.40%であり、COIN株の機関投資家の取引は過去3か月で265%増加しています。
アナリストは株価に対して非常に強気であり、COINの平均目標価格は385.95ドルです。

JMP証券は、300ドルの価格目標でアウトパフォームするためにCOIN株の購入を開始しました。
CNN Businessが実施したアナリストの世論調査によると、21人中17人がCOIN株を買いと評価しました。
同時に、ゴールドマン・サックスは規制環境がさらに改善されれば、Coinbaseにとって事態ははるかに良くなると信じていました。

Coinbaseは、Binanceに次ぐボリュームで2番目に大きい暗号通貨交換所です。
取引所のユーザーベースの大部分は米国にあります。COINは長期的な成長で株式をサポートする強固な基盤を持っています。

Riot Blockchain

Riot Blockchain, Inc. (RIOT)

暗号通貨マイニングを運営している暗号通貨企業です。
現在の戦略では、同社は低コストの鉱業生産に焦点を当てています。
目標は、北米で最大のビットコインの低コスト生産者の1つになることです。

8月、Riotは第2四半期の決算を報告しました。
競合他社と同様に、Riotはマイニング収入を過去最高の3,150万ドルに増やしました。
これは、前年比でなんと1540%の増加です。
2021年は暗号業界にとって良い年であり、その採用は年を追うごとに増えています。

四半期ごとの数字が示すように、同社は今年驚くべき業績を上げました。
これにより、Riotの株価は781.57%急上昇しました。
しかし、今年の後半には、RIOTはあまり感銘を受けていません。
前半の急上昇の後、下落トレンドが見られました。
比較すると、他の株は比較的好調です。
半年の間、株価は49.87%減少し、それは上向きの可能性を生み出します。

他のファンダメンタルズは強力です。
流動比率は5.90で、かなり良いです。
長期的に見ると、過去5年間の売上高は160.10%増加しています。
また、四半期売上高は1668.70%という驚異的な数字で増加しています。
この増加は、マイニング能力の向上によるものです。

すべての要因を念頭に置いて、RIOT株は長期的には保有者に大きな利益をもたらすことができます。同時に、短期的な平均価格目標は約44ドルです。

Marathon Patent Group

Marathon Patent Group (MARA)は、著名なビットコインマイニング企業であり、Unilocの親会社である持ち株会社です。
MARAの株価は、ビットコイン価格の高騰により、今年これまでに1,700%以上急騰しました。

Riot Blockchainと同様に、 Marathon Patent Group もマイニング事業を拡大しています。
2021年の初め、同社は拡張プロジェクトを支援するために約2億ドルを調達しました。
同社はマイニングにさらに投資し、ビットコインマイニングマシンをさらに購入して生産量を増やします。

MARAは2021年第3四半期に1,252.4の新しいミントビットコインを生産しました。
これは前四半期より91%多い生産量です。
2021年10月1日の時点で、約2,098の新たに採掘されたビットコインを生産しました。
その結果、同社は現在約7,035のBTCを保有しています。
これには、2021年1月にBTCあたり平均31,168ドルで購入された4,812.66 BTCが含まれます。

株式ファンダメンタルズでは、流動比率は147であり、素晴らしい値です。
さらに、固定負債も総資産に比べてかなり低いです。
過去5年間の売上高は-25.50%であり、長期的な成長を心配するかもしれません。
しかし、生産量の増加に伴い、同社はまもなく売上高でも損益分岐点に達するでしょう。

Marathon Patent Groupが2021年4月にピークに達したとき、ほとんどのインサイダーが株を売りました。
インサイダーは約3,980万ドル相当の株式を売却し、株価が過大になることを望んでいないことを示しています。
その場合、長期的な成長の観点から投資家にとって良い兆候です。

CME Group

File:CME Group Logo.svg - 维基百科,自由的百科全书

CME Group(CME)は、世界最大の金融デリバティブ取引所です。2020年、ビットコイン価格の高騰により、CMEは最大のビットコイン先物取引プラットフォームになり、CMEは最大の取引量を記録しました。
これを背景にCMEは市場で著名な暗号通貨銘柄となりました。

暗号通貨でのデリバティブ取引の増加は、CMEにとって素晴らしいことです。
2021年10月4日、CMEは2021年第3四半期と9月の市場統計を報告しました。
2021年第3四半期の1日の平均取引量は、14%増加して1780万になりました。

第3四半期のビットコイン先物の平均取引量は170%急増しました。
一方、9月には、マイクロビットコイン先物は5月3日のローンチ以来の合計210万件以上の取引を含め、1日平均21,000件の契約に達しました。

CME株は、ビットコインや他の暗号通貨の将来の取引ですべての成功を収めた後、今年は好調でした。
今年の株価はこれまでのところほぼ20%増加しています。
CMEの株主資本利益率は1.30%、総資産利益率は7.20、投資利益率は6.80であり、妥当な値に見えます。

アトランティックエクイティは、230ドルの価格目標で、株式の格付けをニュートラルからオーバーウェイトにアップグレードしました。
平均価格目標は221.47ドルです。先物の暗号取引は今後数年間で成長すると予想されるため、長期的な見通しはCME株に適しているように見えます。

PayPal Holdings

File:PayPal.svg - Wikimedia Commons

暗号株のリストの最後の暗号通貨株はPaypalです。
2020年10月、PayPalは暗号通貨の分野に参入しました。

2020年11月にみずほ証券が380名の参加者を対象に行った調査によると、ユーザーの17%がすでにPayPalを使用して暗号通貨を売買していました。
Statistaによると、PayPalの総決済ボリュームは2021年の第2四半期に311億ドルを超えました。
これは、前年比41%の成長を表しています。

PayPalが非常に便利で信頼性の高い支払い転送プラットフォームであるというイメージを追い風にし、暗号通貨ユーザーの数は今後増加するでしょう。

PayPalは、新しいPayPalパーソナライズアプリを通じてすべての決済機能を提供します。
これには、新しいアプリ内ショッピングツールに加えて貯蓄などの新機能が含まれます。
これにより、使いやすいインターフェースと改善されたサービスを備えたPayPalアプリにより多くの暗号ユーザーを引き付けることができます。

PayPalのファンダメンタルズは有望に見えます。
機関投資家の総所有率は約82.40%であり、投資家が株式を信頼していることを示しています。
過去5年間の売上高は19%増加しました。

アナリストは株価に対して非常に強気です。
有名なアナリスト企業であるパイパー・サンドラーとモルガン・スタンレーは、それぞれ300ドルから315ドルと337ドルから340ドルの価格目標で、株式のオーバーウェイト評価を持っています。暗号通貨の採用が増えるにつれ、PayPalはより多くのボリュームを推進します。
その点で、PYPLがお気に入りの暗号通貨株の1つであることがわかります。

暗号通貨関連株は値動きが激しく、暴落リスクが高い

暗号通貨関連株は前述のように、非常に大きな値動きをします。
保有者は大きな下落に耐えなければならないシチュエーションも多いと思います。
もちろん将来が期待されている銘柄ばかりですので、今から買うことも問題ないと思いますが、株価が暴落した時の備えをしておく必要はあると思います。

下記の記事では、株価暴落時に備えて、何をしておくべきか、そのアイデアをご紹介しておりますので、併せてお読みいただくことで、更に一歩進んだ投資戦略を立てることができるはずです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました