【米国最大の銀行の一角】バンクオブアメリカ(Bank Of America)のビジネスモデルの「強み」と「弱み」、「将来性」:SWOT分析で分かりやすくまとめてみました

米国株投資

はじめに

バンクオブアメリカは、多国籍の金融サービス持株会社および投資銀行会社です。
ヒュー・マッコールとアマデオ・ジアニーニはバンクオブアメリカの創設者であり、1998年に金融機関の基礎を築きました。
それはネーションズバンクがバンクアメリカを買収したときに誕生しました。
銀行の本部は、ノースカロライナ州シャーロットと米国ニューヨークにあります。

バンクオブアメリカ の主な製品とサービスは、クレジットカード、ウェルスマネジメント、プライベートエクイティ、プライベートバンキング、住宅ローン、投資銀行、保険、企業銀行、消費者銀行です。

推定によると、2021年3月のバンクオブアメリカの年間収益は910.73億ドルで、18.73%減少しました。
そのうち、金融機関の純利益は204億9200万ドルで、9.61%減少しました。しかし、銀行会社は213,000人以上の従業員を雇用して世界規模の事業を管理してきました。

バンクオブアメリカの最大の競争相手は、ウェルズファーゴ、シティグループ、JPモルガンチェース、ロイヤルバンクオブスコットランド、スタンダードチャータード銀行、ナショナルオーストラリア銀行、HSBC、ドイツ銀行、中国建設銀行、BNPパリバです。

この記事では、バンクオブアメリカのSWOT分析について説明します。
世界の主要な金融機関に影響を与える内的および外的要因を分析します。

Strength:強み(内部要因)

国際的なプレゼンスの高さ

バンクオブアメリカは、米国以外の世界35か国以上で製品とサービスを提供しています。
同社は、グローバルな貸付商品/サービスから2020年に約35億ドルの年間利益を上げました。
加えて、投資運用およびグローバルウェルス部門とグローバルマーケティング部門は、31億ドルと52億ドルの純利益を生み出しました。 2019年から約50%増加しています。

有名なブランド名

バンクオブアメリカは、消費者に力を与えることを使命として、強力なブランドアイデンティティを確立しています。
同社の最高マーケティング責任者であるMeredithVerdone氏は、同社はグローバルな複雑な問題を解決することで世界に変化をもたらすことを目指していると述べました。

評判の高さ

バンクオブアメリカは、強力なブランドの評判と顧客の忠実なデータベースを確立しています。
銀行は何年にもわたって多くの賞を受賞しています。たとえば、フォーチュン誌は「Change the World」のリストでバンクオブアメリカを4年連続でノミネートしました。
同行はまた、2年間「最も働きがいのある会社100社」にもノミネートされました。

継続的なイノベーション

Bank of Americaは、顧客のニーズに関連するさまざまな商品やサービスを提供しているため、革新的な商品/サービスを提供する銀行の1つです。
実際、フォーチュン誌は2020年に同社を「北米で最も革新的な銀行」にノミネートしました。

安定した成長

新型コロナのパンデミックによる2020年の年間売上高と純利益の減少を除けば、バンクオブアメリカは過去数年間安定して成長を続けてきました。
安定した成長率は、お客様や投資家の信頼を集めています。

Weakness:弱み(内部要因 )

訴訟問題

バンクオブアメリカは2014年に約166.5億ドルの和解金を支払いましたが、銀行は買戻し住宅ローンの費用を開示していませんでした。
それは実際には、オバマの住宅ローン担保証券業務および金融詐欺承認タスクフォースの一部でした。

バンクオブアメリカは、2009年に、銀行がすべての個人に数百ドルの賠償金を支払うという形で多くの顧客請求訴訟に対処しなければなりませんでした。

クリストファーは、2021年初頭にバンクオブアメリカに対して集団訴訟を提起し、同社は何千もの失業手当口座を保護しなかったと主張しました。彼の報告は彼の口座の無許可の変更に言及し、銀行は口座を凍結し、残高をカリフォルニアの失業部門に戻したと述べた。

新型コロナ感染拡大

新型コロナ感染拡大の影響により、バンクオブアメリカのサービスコストは大幅に増加しました。
Paul Donofrio(CFO)は、保護プログラムのローンの費用を賄うために、銀行は大量の失業保険金請求を処理しなければならなず、多くのリソースを割くことになったと述べています。

Opportunity: 商機 (外部要因)

グリーンでサステナブルな融資

BoAは、2030年末までにグリーンファイナンスイニシアチブと環境ビジネスに約1兆ドルを投資する予定です。
銀行は、3000億ドルを割り当てることにより、2019年にプロジェクトを開始しました。
しかし、目標は、持続可能な企業に資金を提供することにより、グリーン経済の成長を促進することです。

銀行はまた、パリ気候協定の条件に同意し、2050年末までにサプライチェーンと金融業務で温室効果ガス排出ゼロを達成することを計画しています。

合弁と買収

バンクオブアメリカは、1998年にNationsBankとBankAmericaの合併と買収を通じて誕生しました。2004年にFleetBoston Financial、2005年にMBNA、2006年にUS Trust Company、2007年にLaSalle Bank、その他多くの買収と合併を行いました。
同行は、合併と買収の同じパターンを継続する必要があります。それは、会社が市場と影響力を拡大するのに役立ちます。

AIアシスタント

バンクオブアメリカが顧客にAIアシスタントを提供し始めて以来、銀行のユーザーは2か月以内に100万人に達しました。プログラムの名前は「Erica」であり、顧客とやり取りするときは自然言語と予測分析に従います。

「Erica」は、covid-19のパンデミックの期間中に多くの人々を助けました。
人々は、パンデミックの前にAIアプリケーションを追加機能と考えていました。
しかし、パンデミックの後、人々はデジタルバンキングの重要性を認識しました。
同行はAIアシスタントの更なる効率化に取り組んでいます。

金融商品やサービスの拡大

BoAは、製品とサービスのポートフォリオの多様化と拡大を検討する必要があります。
持続可能なビジネスの成長への投資は、企業の多様化に向けた大きな一歩です。それは金融機関がリスクを最小限に抑えるのに役立ちます。

Threats:脅威(外部要因)

景気後退

世界銀行の報告によると、世界中の多くの銀行がパンデミック期間中に不良債権危機に直面しています。
彼らはそのような問題とバランスシート上でそれらを管理する方法に対処する準備ができていません。

一方で、政府も困難な局面を迎えており、銀行業界の成長をさらに刺激することはできません。 Financial Reservesの報告によると、政治的対立と制限により、政府が財政支援を提供することは困難になっています。

セキュリティリスク

バンクオブアメリカは2020年4月にセキュリティ違反を起こし、銀行の給与保護プログラムの情報を危険にさらしました。
2013年に、Par:AnoIAという名前のハッカーグループが銀行のデータベースをハッキングし、銀行の幹部データにアクセスしたのはこれが初めてではありません。
ブルームバーグによると、彼らはダークウェブで銀行の情報を販売しました。

バンクオブアメリカがオンラインおよびインターネットバンキングサービスを顧客に提供し始めて以来、同社はサイバーセキュリティの問題に対してより脆弱になっています。
それは会社の弱くて安全でないイメージを持たせてしまいます。

結論

バンクオブアメリカのSWOT分析を詳細に調査した結果、バンクオブアメリカは確かに世界をリードする金融機関であると言えます。
ただし、データセキュリティの侵害、経済危機、コストの増加、および訴訟は、主な課題の一部です。
バンクオブアメリカは、そのリソースを活用してポートフォリオと市場を拡大する必要があります。

その他の企業の分析内容はこちら↓↓↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました