【圧倒的ブランド力と知名度】「Apple(アップル)のビジネスモデルの強み・弱み、将来性」:SWOT分析で分かりやすくまとめました

米国株投資

企業概要

情報ソースはこちら

アップルは世界で最も成功している企業の1つです。
同社は、高品質の技術製品と優れたソフトウェアサービスで長い間知られています。 Appleは、カリフォルニア州クパチーノでスティーブ・ジョブズによって設立されました。

アップルの業績は、企業の強みを活用して弱点や課題を克服し、産業環境での機会を活用する能力と結びついています。

同社は、コンピュータテクノロジー(ハードウェアとソフトウェア)、家庭用電化製品、クラウドサービス、およびオンラインデジタルコンテンツ配信サービスに携わっています。

この状況では、競争力と企業の成長を確保するために、Appleの幅広い戦術を開発する必要があります。

Apple 1と呼ばれるコンピュータは1976年にAppleによってリリースされました。それ以来、Appleは製品とサービスの提供を大幅に拡大してきました。

「iPhone」は、今日のAppleで最も成功しているデバイスの1つです。 2020年には、iPhoneの売上高1370億ドルは、Appleの総売上高2740億ドルの半分(50%)を占めています。

Strength:強み(内部要因)

ブランド価値

インターブランドによると、Appleのブランドのブランド価値は8年連続で6120億ドルに増加しました。 Appleは、その高度な機能と独自のデザインにより、間違いなく世界で最も有名なブランドです。

顧客とクライアントは、Appleの高品質な製品に常に満足しています。 iPhoneユーザーは、内部の問題を発生させることなく、デバイスを長期間使用しました。

高品質の製品は、それに重要なブランド認知を与えています。 Forbesは、Appleを最も価値のあるブランドで1位にランク付けし、AppleはMicrosoftの2倍の価値があると述べました。

革新的な製品

Appleの仕事は、完成品をリリースして終わりではありません。
1つを完成させて発売した直後に、彼らは新しいものの開発に取り組み始めます。

Appleは、歴史の流れを変えた最も革新的な発明のいくつか(iPhone、iPad)を最初にデビューさせました。 Appleは、より優れた、より高性能な技術デバイスを作成することを今も決意しています。

Appleは、さまざまな新しいデジタルストリーミングおよび支払いテクノロジーに対応して、アプリケーションを強化し続けています。

導入および改善される現在のアプリケーションには、Apple TV +、iTunes、Apple Card、およびApple Musicが含まれ、製品ラインを一貫して再発明する驚異的な能力を示しています。

幅広い製品

アップルは幅広い製品を提供しており、利益を上げることができます。 Mac、iPod、iPhone、iPad、Apple Watch、Apple TV、ソフトウェア、およびAppleEnergyが製品ラインです。

Appleは、ポートフォリオを多様化することにより、クライアントに最新のテクノロジーを提供できることを保証します。これらの製品のいくつかはドル箱です。
それらの人気のある製品が収益の大部分を提供していることを意味します。

多様なポートフォリオは、収益の安定性も提供します。ある製品はしばらくの間、人気低迷するかもしれませんが、別の製品は売り上げが急増するかもしれません。
その結果、Appleは多様な製品を提供することにより、製品の人気低迷の可能性を軽減します。

デザインとテクノロジー

Appleのブランド価値の基礎は、そのデザインと採用するテクノロジーの両方です。
Appleの製品デザインは、常に洗練されたエレガントなものです。

同時に、この見事な外観デザインには、最大のパフォーマンスを提供するように設計されたメカニズムがあります。
これらはすべて、効率性でよく知られているもう1つのソフトウェアであるmacOSで実行されます。

アップルは、製品の設計に時間と労力を費やしています。
消費者の要求と要望をよりよく理解するために、徹底的な調査が開始され、その後さらに調査が行われます。

小売店(アップルストア)

アップルの小売店は、高品質の消費者体験と訓練を受けたスタッフとの直接のやり取りを保証します。

Appleの顧客の増加は、Appleの優れた消費者サービスに起因する可能性があります。

Appleは17か国に470の店舗を持っています。このブランドは、これらの店舗に加えて、貿易パートナー、オンラインプラットフォーム、その他の高級小売店を通じても販売しています。

Appleはまた、顧客の問題を直接解決するために、小売店内にApple GeniusBarを実装しました。したがって、Appleはサービスの販売と配布に重点を置いていることで有名です。

消費者重視

Appleは、ユーザーを念頭に置いて製品を一貫して設計しています。
彼らは常に、消費者でさえまだ想像していない何かを想像しようとしています。

スティーブ・ジョブズによれば、「消費者に何が欲しいか尋ねると、あなたが同じものを届けるまで、彼は何か他のものを欲しがるでしょう。」 Appleの成功は、この考え方によるものです。

マーケティング戦略

Appleは長い間広告のマエストロと見なされてきました。新しい商品がリリースされる前に、Apple商品は多くの話題を呼んでいます。

その広報とマーケティングは非常に効果的であるため、ブランド認知度を高め、製品需要を改善するための口コミアプローチを開発しています。

Weakness:弱み(内部要因 )

高価な製品

アップル製品の高価格は、それらを贅沢のように思わせることができます。
製品は、中流および上流階級の消費者にアピールするように価格設定されています。
低所得の人々はアップル製品を買う余裕がありません。

Appleの最大の弱点は、その法外な価格です。
購入者は同等の製品を低価格で簡単に見つけることができるため、企業の高価格の製品には脆弱性があります。

これらの製品は、中流階級と上流階級だけがアクセスできるレベルで価格設定されています。

Appleのプレミアム価格戦略は、その製品を一般の人々、特にiPhoneの手の届かないところに置いています。

アイテムの価格は、サムスン、HTCなどの他の有名なブランドの価格よりも常に高いです。
中流階級の個人のための大きな市場がありますが、 Appleはブランドイメージを保護するためにこの市場を無視しています。

市場シェアの低下

Appleの市場シェアも同様に低下しており、主な原因の1つはiPhoneおよびiPadシリーズへの依存です。
これは、これらの商品の人気の低下がAppleの会社に影響を与える可能性があることを意味します。

ソフトウェアの制約

異なるメーカーのデバイスで使用したい場合は、適応できません。 Apple以外のソースからソフトウェアをインストールすることはできません。

Appleクライアントは、Apple製品を購入するとすぐに、その世界の一部になります。 Appleのデバイスは、他のソフトウェアやテクノロジーをサポートしていないため、他のデバイスと一緒に使用することはできません。

消費者は、オペレーティングシステムが他のデバイスと互換性がなく、製品がユーザーフレンドリーではないため、iOSベースのデバイスに切り替えるのが難しいと感じています。

Appleのお客様は、製品を継続して使用するには、Appleのアクセサリとアプリを購入する必要があります。

iPhoneのデザインの選択肢が少ない

外観に関しては、iPhone1とiPhone8の間に大きな違いはありません。最初の外観からそれほど離れていませんでした。

これは、あなたが何年も同じものを使用しているという印象を与えます。 HTC、ASUS、Samsungなどの他のメーカーは、スマートフォン向けに独特で魅力的なデザインを提供しています。

非互換性

Apple製品とサードパーティのソフトウェアおよび周辺機器との非互換性は、同社にとって最も重要な懸念事項の1つです。

Appleからガジェットを購入すると、Appleの世界に入り、それらに忠実であり続ける必要があります。
これを嫌う消費者はApple製品を避けるようになります。

Opportunity: 商機 (外部要因)

忠実な顧客

Appleは、その大きな市場シェアとブランド認知度により、多数のデバイスに対する需要の高まりを目の当たりにしています。 Appleの電子機器を使用する人々は、新しいデバイスに関心を示すことで、ブランドへの忠誠心を示しています。

アップルは長年テクノロジーセクターを支配してきました。これらは、消費者体験に飛躍的な進歩をもたらす高品質で最先端のテクノロジーを提供します。

92%の顧客維持率は傑出しています。 Appleは常にインターネットの力に頼って、新しい顧客を募集し、将来的に新しい関係を築くことができます。

流通ネットワークの拡大

Appleはその流通ネットワークを拡大できるかもしれません。
Appleの流通ネットワークは現在非常に限られており、拡張の可能性はほとんどありません。

Appleは、ほとんどの場合、自社製品を独自に配布しています。
海外での売上を伸ばすために、追加のサードパーティの流通チャネルを確立する必要があります。彼らは彼らの流通ネットワークを拡大することによってより多くの利益を生み出すことができるでしょう。

Appleは、大規模な流通ネットワークの構築に重点を置いている場合、収益と売上を増やすことができます。
さらに、厳格なマーケティングとプロモーションは組織に利益をもたらす可能性があります。

テクノロジーへの依存の高まり

人々はますますテクノロジー、特に携帯電話に依存するようになっています。
彼らは携帯用電子機器に大きな関心を持っていました。
その結果、スマートフォンの需要は急速に増加し続ける可能性があります。

アクセサリーとガジェット

世界はまもなくウェアラブルスマートテクノロジーによって支配されるでしょう。
フォーブスは、スマートウェアラブルテクノロジーデバイスの売上高が2022年までに3倍以上になると予測しています。
市場規模は270億ドル以上に達し、販売台数は2億3,300万台に達します。

Appleは、技術的なアクセサリやデバイスを提供することで、製品ラインを拡大できます。
強力なイノベーションの歴史により、新製品の発売経験が証明されています。
この道を歩み続ければ、会社はさらに利益を増やすことができます。

Appleは、Apple WatchとAirPodsを超えて、追加のウェアラブルカテゴリに拡大する可能性があります。

人工知能の活用

Appleは、人工知能を使用して利益率を高め、強力な市場での地位を維持する必要があります。
同社のAIポートフォリオは最近拡張されました。

Appleは、人工知能を専門とするフランスの企業であるRegaindと、AIを利用するツールであるDeskConnectを買収しました。

Appleは前者を買収してインテリジェント検索をiPhonePhotosアプリケーションに統合し、後者の購入は消費者が一連のコマンドを介してアプリや機能を配置するのに役立ちます。

企業は、将来的に確固たる存在感を獲得するために、AIポートフォリオの拡大に集中する必要があります。

自動運転ソフトウェアの開発

自動運転車の人気は着実に高まっています。 Appleは、完全に自動化された電気自動車ではなく、自動運転技術を提供するために必要な専門知識を持っています。

Appleには、テスラのように実際の車を製造するのではなく、自動運転ソフトウェア技術の提供に焦点を当てる選択肢があります。

音楽ストリーミングサービスの拡張

新興経済国とその若い人口の急速な経済成長は、巨大な拡大の可能性を示しています。 Appleはすでに、音楽ストリーミングサービスをアフリカと中東の52の成長経済国に拡大する計画を発表しています。

Threats:脅威(外部要因)

サプライチェーンの混乱

最近のいくつかの出来事が組織の機能に影響を及ぼし、混乱させました。
サプライチェーンの不確実性により、2020年第2四半期の売上高は横ばいであり、2020年度の年間売上予測は減少しました。

技術的変化

家庭用電化製品は、ほぼ毎日、テクノロジーの最先端にあります。同社にとって重要な課題は、最新のトレンドに追いつくことです。

Appleはこれまでにいくつかの画期的な製品を発表してきました。ただし、Appleはまだ新製品戦略を発表していません。

新しい競合他社

Appleは、ブランドとしての卓越性にもかかわらず、依然として競合他社からの脅威に直面しています。
テクノロジーの進歩により、Samsung、Google、およびDellはAppleの脅威になっています。

最も深刻な脅威は、同様の製品を低価格で提供する強力な競合他社の出現です。
サムスンは、ハイエンド製品と低コスト製品の両方を提供しています。
さらに、ソニー、Asus、ノキアはすべて規模が大きくなっています。

Appleは、競争が激化しても競争力を維持するために、新しいテクノロジーをリリースするか、価格戦略を変更する必要があります。

模倣と偽造

いくつかの第三世界の国々は、偽造品を違法に販売するためにAppleのブランドイメージを使用しています。
アップルの偽造品は、許可されていない販売者から本物のアップル製品と同じ価格で販売されています。

歴史を通して、それは有名な企業に重大な危険をもたらしてきました。
Appleが新製品をリリースすると、他の会社が重複製品をリリースします。テクノロジーが盗まれることがあります。

偽物もたくさん出回っています。最近、中国の生産者によって製造された6台の偽造iPhoneが中国市場で発見されました。

偽造品は、潜在的な顧客に低品質のアップル製品を購入していると信じ込ませる可能性があります。会社にとって不利なレビューと否定的な露出は、ニュース速報から現れる可能性があります。

訴訟リスク

Appleは60件の集団訴訟に見舞われた。 Appleが、古くて劣化したバッテリーを搭載したiPhoneモデルのCPUパフォーマンスを意図的に抑制していることを認めたとき、顧客は憤慨し、当惑しました。

技術の巨人は、突然のシャットダウンを避けるためにそうしたと述べました。
Appleは透明性を重視していなかったため、顧客はだまされたと感じました。
その結果、何人かの人々が会社に対して訴訟を起こした。

最初の集団訴訟によると、Appleの行動は、デバイスの再販価値を低下させ、顧客に新しいバージョンへの切り替えを早すぎるように強いているようです。

Android OSシェアの高さ

Androidソフトウェアは現在、Samsung、HTC、Lenovoなどの企業で新しいデバイスの製造に使用されています。

Appleは世界市場シェアの24.55%しか保有していないのに対し、Androidは72.23%を保有しています。

結論

AppleのSWOT分析によると、その評判と消費者の忠実性により、戦略的優位性を提供していることは明らかです。

ただし、効果的な管理方法を実装し、将来直面する可能性のある潜在的な危険を取り除くことによって、上記の弱点に対処することは、ビジネスにとって有利です。

AppleのSWOTまたは戦略的分析は、iPhoneの品質と独創性が重要な強みであることを明らかにしています。

その他の企業の分析内容はこちら↓↓↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました