【業界知名度No.1】「Airbnb(エアビーアンドビー)のビジネスモデルの強み・弱み、将来性」:SWOT分析で分かりやすくまとめました

米国株投資

はじめに

Airbnbは、部屋を借りたいホストと、特定の地域で宿泊施設や部屋を探しているゲストや旅行者をつなぐオンラインプラットフォームです。

この記事では、AirbnbのSWOT分析について説明します。 それでは始めましょう!

Strength:強み(内部要因)

グローバルで知名度が高い

Airbnbの重要な戦略的利点の1つは、同社が世界的に認知されていることです。
その人気は他の旅行ブランドの中でも高く評価されています。
Airbnbはそのサイトに直接顧客を引き付けます。
2020年には、Airbnbサイトへのアクセスの90%以上が直接検索されたものでした。

幅広い選択肢

Airbnbプラットフォームを介して、特定の地域内のさまざまなホストがオンラインで部屋を一覧表示するため、旅行者やゲストは、リストされているさまざまな宿泊施設から宿泊施設を選択できます。
このモデルは、ホテルと比較して旅行者により多くのオプションを提供します。

Airbnbのゲストコミュニティは、同社にとって最大の資産の1つです。
Airbnがゲストとホストの間に入って、やり取りをすることで、ゲストはAirbnbと快適に利用できます。
仲介業者を利用するのではなく、Airbnbで直接予約に戻るのは、Airbnbで素晴らしい経験をしたこれらのゲストです。
ゲストコミュニティは、口コミを通じて企業のネットワークの成長を促進するため、非常に重要です。
これにより、会社へのトラフィックが増加し、広告やマーケティングで会社を大幅に節約できます。
統計によると、2019年の同社の収益の69%はリピーターからのものでした。

グローバルなネットワーク

Airbnbを利用すると、短期レンタルサービスのホストとゲストのネットワークをグローバルに拡大できます。
ゲストがホストされているローカルエリアに業務を展開する必要はありません。
ゲストとホストは世界220カ国以上に存在します。
これにより、Airbnbの国境を越えた旅行とホスティングが強化されるため、会社はさまざまな文化、法律、その他の国境を越えた複雑さに直接対処する必要がなくなります。
ネットワークが成長するにつれて、Airbnbはより戦略的に利益を得ることができます。

利用しやすいプラットフォーム

Airbnbはそのプラットフォームに多額の投資を行い、ゲストとホスト向けの最新の機能を備えています。
これらの主要な業界機能には、価格設定の推奨事項、統合された支払い、スケジューリング、ホスト保護メカニズム、フィードバック、レビュー、コミュニティサポートなどがあります。
同社はAIと自動化を使用して、ホストとゲストの両方の安全機能を強化しています。
その支払い機能は、個人がネットワークに参加できるように世界中に広がっています。
プラットフォームは60以上の言語に翻訳されており、サービスがゲストとホストにローカライズされています。

巨大なホスト(貸主)コミュニティ

Airbnbには、400万を超えるホストのグローバルホストネットワークがあり、ホストが他のホストを紹介するとインセンティブを受け取れるシステムを通じて拡大しています。
多くの場合、ゲストはAirbnbで前向きな経験をした後、ホストになります。
2019年の統計によると、ホストの23%は、ホストになる前に最初にゲストとしてAirbnbを利用しています。

リーディングカンパニーとしてのポジション

Airbnbには、最初の市場参入者であり、したがってそのサービスカテゴリのリーダーであるという利点があります。
また、Airbnbの他の模倣者がいる場合でも、同社には早期参入という戦略的メリットがあります。これにより、市場での優位性により、競合他社に対して際立っています。

ホテルよりも安い価格

Airbnbは、特にホテルの部屋を予約するコストと比較した場合、ゲストに安価なオプションを提供します。
ホテルは多くの場合、スタッフの給与、部屋の備品と材料、部屋のメンテナンス、さらには特に部屋が空のときに発生する機会費用などの諸経費を処理する必要があります。
Airbnbはこれらのコストを無くすことで、その安さを実現しています。

Weakness:弱み(内部要因 )

訴訟による特別損失の発生

Airbnbのサービスを法的に利用できない地域でホストが部屋を貸したことによる、訴訟を起こされ、賠償金をしはらうことになりました。

収益性の低さ

Airbnbは何年もの間、赤字を経験してきました。
2017年、2018年、2019年、および2020年までの9か月間で、7,000万ドル、1億6900万ドル、6億7,430万ドル、6億9,690万ドルの純損失がありました。
同様に、2019年と2020年9か月の累積赤字は14億ドルと21億ドルでした。
会社の費用を大幅にカバーするために収益を上げるため、会社の側でより多くの努力を必要とするでしょう。

収益の伸びが遅い

Airbnbには、料金が安い地域がいくつかあります。
さらに、会社の成長に伴い、業界での競争力を獲得するために手数料を引き下げることを選択する可能性があります。
これは、収益性を改善するための会社の取り組みに悪影響を及ぼします。
Airbnbの損失と低収益はしばらく続く可能性があります。そして、COVID 19の出現により、会社の収益は減少し続けました。

品質のばらつき

Airbnbはホストに貸出方法に関するガイドラインを提供していますが、品質基準の実装はホストに大きく依存しています。
清潔さ、価格設定、快適さのレベルは、ホストによって異なります。
ホテルは、少なくともすべてのホテルの目的地で統一された基準を持っています。
これは、会社のサービス提供の均一性の欠如につながり、会社が望ましい品質基準を直接管理することを拒否します。
さらに、貧弱なホストは会社の評判を簡単に台無しにする可能性があります。

Opportunity: 商機 (外部要因)

会社のサービスの拡大

Airbnbの現在のビジネスモデルは主に宿泊施設に焦点を当てています。 同社は、レンタカー、近隣のアトラクションのチケットなど、サービスの提供を拡大することを検討できます。

よりグローバルな拡大

Airbnbには、その拡大において世界的にカバーすべき多くの地域がまだあります。
特に会社に成長の機会を提供するであろう新興市場があります。
そして、サービスが浸透した市場でさえ、会社がより深く探求する必要があるサブニッチが存在する可能性があります。

さらなるテクノロジーの活用

テクノロジーは、他の利点の中でもとりわけ、より良い品質、応答性の向上、および市場への浸透を確実にするために、より強力なレバレッジを提供します。
Airbnbのモバイルアプリのパワーを高めて、ゲストが移動中でも予約できるようにし、シームレスなエクスペリエンスを確保する必要があります。

Threats:脅威(外部要因)

住宅関連規制のグレーエリア

住宅セクターの現在および将来の法規制に関しては、不確実性が広がっています。州政府と地方政府は、自分たちのスペースを貸し出す私有財産所有者の合法性に関して立場を変え続けてきました。これにより、Airbnb側でさらに訴訟を起こす余地が生まれます。

厳しい競争

Airbnbには、Vrbo、Plum Guide、TurnKey、FlipKeyなど、Airbnbと同じビジネスモデルを持つ目に見える直接的な競合他社があり、ゲストにユニークな宿泊スペースを提供しています。
同社はまた、Hotels.comやBooking.comなど、はるかに安い料金でホテルに関する情報を提供しているサイトとの間接的な競争にも直面しています。
これらの競争は、Airbnbの市場シェアと収益を脅かす可能性があります。

ゲストの安全性リスク

Airbnbは、ゲストとホストの安全に関するガイドラインを厳しくし続けていますが、同社はゲストが危害を受けることを常に恐れています。
暴力的な攻撃とは別に、煙探知器、消火器、一酸化炭素探知器、救急箱などがない貸出部屋について懸念があります。

結論

Airbnbは、宿泊業界で斬新なアイデアを支持し、そのニッチで世界的なリーダーとしての地位を獲得しました。
ただし、同社は、ホスト間の基準の低さや、ゲストとホストの安全性の問題などの弱点を取り除くことに焦点を当てる必要があります。

その他の企業の分析内容はこちら↓↓↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました