「進化生物学」を市場に適用した理論:「適応的市場仮説」をご紹介

ライフハック

適応的市場仮説とは何ですか?

適応的市場仮説は、よく知られており、しばしば物議を醸している効率的市場仮説の原則と行動経済学を組み合わせた新たな経済理論です。
これ は、2004年にマサチューセッツ工科大学(MIT)の アンドリューロー教授によって世界に紹介されました。

※この記事ではこちらの海外メディアのサイトを参考にさせていただいております。

重要なポイント

  • 理論の創設者であるアンドリュー・ローは、人々は主に合理的であると信じていますが、市場のボラティリティが高まる時期には過剰反応することがあります。
  • 適応的市場仮説は、人々は自分自身の利益に動機付けられ、間違いを犯し、適応してそこから学ぶ傾向があると主張しています。

適応的市場仮説を理解する

適応的市場仮説は、市場は合理的かつ効率的であるという効率的市場仮説によって提唱された理論と、行動経済学者による実際には非合理的かつ非効率的であるという議論との融合を試みています。

何年もの間、 効率的市場仮説は支配的な理論でした。 効率的市場仮説の最も厳密なバージョンでは、企業は常に公正価値で取引されているため、「市場を打ち負かす」ことはできず、過小評価されている株式を購入したり、割高な価格で販売したりすることはできません。

行動経済学は後にこの概念に異議を唱えるために出現し、投資家は必ずしも合理的であるとは限らず、株式はバブル、クラッシュ、危機の際に常に公正価値で取引されるとは限らないことを指摘しました。この分野の経済学者は、心理学に基づく理論を通じて株式市場の異常を説明しようとしています。

適応的市場仮説は、これらの相反する見解の両方を、投資家と市場の行動を説明する手段と見なしています。
それは、合理性と非合理性が共存し、進化と行動の原則を金融の相互作用に適用すると主張していることが重要なポイントです。

適応的市場仮説の仕組み

理論の創設者であるローは、人々は主に合理的であると信じていますが、市場のボラティリティの高まりに応じてすぐに非合理的になることがあります。
これは購入の機会を開くことができます。
彼は、損失回避、自信過剰、過剰反応などの投資家の行動は、競争、適応、自然淘汰などの行動を含む人間行動の進化モデルと一致していると仮定しています。

人々はしばしば彼らの過ちから学び、過去の経験に基づいて未来について予測をします。
ローの理論は、人間は試行錯誤に基づいて最良の推測を行うと述べています。
これは、投資家の戦略が失敗した場合、次回は別のアプローチを取る可能性が高いことを意味します。あるいは、戦略が成功した場合、投資家はそれを再試行する可能性があります。

適応的市場仮説は、次の基本原則に基づいています。

  1. 人々は自分自身の利益によって動機付けられています
  2. 彼らは自然に間違いを犯します
  3. 彼らは適応し、これらの過ちから学びます

適応的市場仮説では、投資家は完全ではありませんが、ほとんどが合理的であると主張しています。
彼らは行動を最大化するのではなく満足のいく行動に従事し、市場における一種の自然淘汰メカニズム(利益と損失)に基づいて市場行動のヒューリスティック(発見的手法)を開発します。
これにより、これらのヒューリスティックが適用される条件下で、 効率的市場仮説と同様に、市場はほぼ合理的に動作するようになります。

しかし、大きな変化や経済ショックが発生すると、市場の進化的環境が変化します。
適応性のあるヒューリスティックは、不適応になる可能性があります。
これは、急激な変化、ストレス、または異常な状態の期間では、 効率的市場仮説が保持されない可能性があることを意味します。

適応的市場仮説の例

拡大した強気市場でポートフォリオ管理スキルを 最初に開発したため、バブルの頂点近くで購入する投資家がいるとします。
これを行う理由は説得力があるように見えるかもしれませんが、その特定の環境で実行するのが最善の戦略ではない場合があります。

住宅バブルの中、人々が今の流れの中では平均回帰など起こり得ないと考え、リスクを取ってさらに資産を購入していましたが、最終的に、サイクルが変わり、バブルが崩壊し、価格が下落しました。

最近の過去の行動に基づいて将来の行動の期待を調整することは、投資家の典型的な欠陥であると言われています。

適応的市場仮説への批判

学者たちは 適応的市場仮説に懐疑的であり、数学モデルがないことに不満を持っています。
適応的市場仮説は、市場参加者が最も合理的な期待を形成することが観察されたため、1970年代に支持されなくなったマクロ経済学における適応的期待の初期の理論を効果的に反映しています。
適応的市場仮説は本質的に、行動経済学から得られた洞察に基づいた合理的期待理論からの一歩です。

適応的市場仮説に興味を持たれた方は、以下におススメの書籍を紹介いたしますので、ご一読されてはいかがでしょうか?
今後の投資戦略の改善のために損にはならないと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました