【知らないとヤバい!?】完全理解!自動運転ー自動運転の”未来”編ー

ライフハック

はじめに

このページでは未来の自動車産業の在り方を大きく変えるであろう、自動運転について、正しく理解することを目的とした解説をしたいと思います。
自動運転という言葉については、もはや聞き馴染みのあるものとなっていますよね?
しかし、

  • 自動運転はいつ実現するの?
  • 自動運転って危険じゃないの?
  • 自動運転ってどうやって実現してるの?

といったことを正しく理解している人は少ないのではないでしょうか?
そういった方向けに、自動運転を理解する上で重要なポイントを押さえて、分かりやすく解説するのがこのページの目的です。
ちなみにこのページの解説にはこちらの書籍を参考にさせていただいております。

Q&A形式でスッキリわかる 完全理解 自動運転

また、自動運転の解説については以下の2部構成で行いたいと思います。

  • 自動運転の”今”編
  • 自動運転の”未来”編

このページでは自動運転の”未来”について詳しく説明したいと思います。
自動運転の”今”編については下のリンクからお読みいただけます。

【知らないとヤバい!?】完全理解!自動運転ー自動運転の”今”編ー


また、参照させていただいている書籍に倣い、QA形式での解説にしたいと思います。
全ての内容を紹介するわけではありませんので、気になった方、もっと詳しく知りたいと思った方は是非本書をご一読することをおススメいたします。
それでは本題に入っていきましょう!

Q.自動運転によって運送業の雇用は失われるの?

タクシーやトラック等の運送業界では、ドライバーの人材不足や高齢化が深刻な問題になっており、業界の経営者は自動運転の普及が一刻でも早く実現して欲しいと考えている人は多いはずです。
ただ、一方で運送業者でドライバーとして働く人達は、自分たちの雇用が奪われるのではないか?という不安を抱えている人たちも少なくないそうです。

自動運転機能と運送業ドライバーの共存

現状の見立てでは、あらゆる環境で走行できる完全自動運転が急激に普及するという未来は描かれていないようです。
乗用車と比べ、トラックやバスはサイズも遥かに大きく、重量も重いため、より高いレベルの自動運転技術の確立が必要になるためです。
例えば、トラックは大きいため、乗用車よりも道幅の余裕がありません。そのため、乗用車よりもより高い精度で周辺環境を認識する必要があります。
また、トラックドライバーは積み荷の種類に応じて運転の仕方を調整するといった技能も求められます。
どちらかというと、ドライバーの運転の負担を軽減するために利用されることが期待されます。
特に長距離輸送トラックや高速バスは長時間に渡り、単調な高速道路を走る必要があります。
単調な運転はドライバーの眠気を誘い、居眠り運転による重大事故を引き起こすリスクがあるため、高速道路では自動運転システムによって運転を行い、複雑な周辺環境になる一般道では、ドライバーが運転を担うという分担が現実解との見方が強いです。
とは言え、徐々に運送業のドライバーの数は減少していきますので、その現象に合わせて、完全自動運転車の普及が進むことが期待されています。

Q.自動運転でカーナビは無くなる?

今の形でのカーナビは完全自動運転が搭載されることで、不要になります。
ただし、カーナビに用いられている技術は自動運転機能の一部として利用され続けるはずです。
具体的に言うと、高精度な地図情報や目的地までのルート探索、GPSによる自動車位置計測機能等です。
特に地図情報については、自動運転向けに、より高精度な地図が求められていますし、GPSによる位置計測も同様です。
さらに自動運転車の登場が地図情報のアップデートに一役買うという相乗効果も得られることが期待されています。
具体的にはライダー等のセンサーを用いて周辺環境情報をリアルタイムで取得し、その情報が既存の地図情報と差異があれば、随時地図情報をアップデートするといった利用が見込まれています。

Q.IT企業の参入によって自動車メーカーは今の地位を奪われる?

自動運転を始めとした昨今のIT関連技術の進化により、自動車メーカーが生き残るには、車を作って販売する企業から、モビリティサービス企業に進化しなければ、生き残ることは難しいという意見もあります。
モビリティサービスとは、UBERのようにライドシェアを行うサービスや、最終的には自動運転車によるロボタクシーサービス等が該当します。
そして、人の移動に関わるものの付加価値としては、自動車そのものの価値よりも、自動車も用いたモビリティサービスの方が高い付加価値を得ることができると見込まれています。
そして、それを実現するのが、スマホ連携や自動運転といった既存の自動車メーカーではなく、IT企業が得意とする分野であるため、将来はIT企業が、このモビリティサービスに移行した世界の覇者になるのではないか?と考えられています。
しかし、それら以外の自動車としての価値、例えば、品質や、乗り心地、デザイン等は既存の自動車メーカーがノウハウを積み上げてきた領域であり、今後もそれらの価値は薄れることはないと、本書では書かれています。

求められているのは共闘


そして、IT企業と自動車企業がお互いの生き残こりを掛けて、争い合うのではなく、お互いの得意分野を持ち寄り、上手く連携できる企業が真の勝者として生き残っていくだろうとのことです。
そして、このモビリティサービスは、既存の自動車業界のビジネス規模よりも遥かに巨大な市場へと生長することが期待されています。

Q.自動運転車は儲かるの?

完全な自動運転車を実現するためには、自動車メーカー、サプライヤー、IT企業全てが膨大な規模の研究開発を行う必要があり、ライダーやカメラ、ミリ波レーダー等、多くのセンサーを搭載する必要があります。
必然的に自動車のコストは高くなってしまいますが、消費者の所得が高くなるわけではありませんので、一部の裕福な消費者を除き、自動車を購入することができなくなってしまいます。

Q.センサーが高性能になれば地図データは不要?

自動運転の実現には、センサーで検知できる範囲(数百メートル)よりも広い範囲の情報が必要になります。
例えば、経路上の渋滞情報や事故情報に応じて、柔軟なルート変更が必要になります。
また、地図情報を用いずに車載センサーのみで自動運転を行おうとした場合、より高い精度の検知能力が必要になるため、必然的に高額な車両になり、一般消費者に普及させる上で現実的な価格を実現することができません。
そのため、現実解としては、自動車がクラウド上のデータにアクセスし、自動運転に必要な高精度地図情報はクラウド上から取得し、車載センサーはその微修正に使用できる程度の安価なものを利用するものだと言われているそうです。

さいごに

以上、自動運転の”未来”が分かる記事でした。

さらに詳しく知りたいという方は是非こちらの書籍を御一読することをオススメいたします!

このページは紹介していない、多くの自動運転の”未来”が分かる事例が紹介されています(^^)

Q&A形式でスッキリわかる 完全理解 自動運転


ブログ村のランキング上位を目指しておりますので、よろしければ下のボタンのクリックをお願いいたしますm(__)m

にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
にほんブログ村


コメント

タイトルとURLをコピーしました